イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

カスタムレーシックのメリット・デメリット

カスタムレーシックは、カスタマイズすなわちオーダーメイドの矯正のことで、各人の角膜の形状に合った矯正が出来ることから、猫も杓子もレーシックといえばカスタムレーシックで!ということになりがちですが、やはり良い点、悪い点を兼ね備えています。

カスタムレーシックを受けようと思われている方には是非あらかじめ知っておいてほしい事柄です。

メリット 従来のレーシックでは手術によってある程度の収差が増加しますが、トポリンクレーシックは目全体の収差の大きな原因となりうる角膜のゆがみを補正し、手術により増加する収差が抑えられ、見え方の質がよく、夜間視力の低下が起こりにくくなります。
ウェーブフロントレーシックは目全体の収差を補正します。効果はトポリンクレーシックと同様のものが得られます。
レーシックとの比較を検査データでみるとカスタムレーシックのほうが上回っています。
デメリット
従来のレーシックに対し、レーザーで削る角膜実質の量が多くなる場合があります。
追加技術ということで、別料金が発生する場合があります。(最近は込みの場合も多いです)


目や角膜の状態に問題がなく、レーシックが可能でさらに見え方を追求したい人は、基本的にカスタムレーシックを受けることが可能です。カスタムレーシックの方法をトポリンクレーシックかウェーブフロントレーシックかのどちらにするのかは、手術前の検査の結果をもとに判断します。

一方、角膜の薄い人や、近視や乱視が大きく矯正量が多い人には、角膜の負担が大きくなってしまうことがあるので、カスタムレーシックを避けたほうがよい場合もあります。

このため手術の前に、ゆがみの量や矯正量をよく検討して、最適な切除方法をデザインすることが求められるべき元も大切な事柄です。

人気のイントラレーシック眼科2 イントラレーシック(もちろんカスタムレーシックも!)実施眼科一覧

イントラレーシック眼科3 安定したイントラレーシック技術を提供し、数多くの症例を挙げているレーシッククリニック

イントラレーシック眼科2 品川近視クリニック
イントラレーシック眼科2 神奈川クリニック眼科
イントラレーシック眼科2 錦糸眼科

イントラレーシック眼科3 NASA公認で、注目株上昇中のアイレーシック(iLASIK)を行っているクリニック

イントラレーシック眼科2 神戸クリニック(アイレーシック(iLASIK)症例数No.1)
イントラレーシック眼科2 SBC新宿近視クリニック
イントラレーシック眼科2 natural vision 高輪クリニック
イントラレーシック眼科2 品川近視クリニック
イントラレーシック眼科2 神奈川クリニック眼科(日本初、AMO社公認 技術提携医療機関に選ばれました。)

イントラレーシック眼科3 綺麗なフラップ面を作成し、<見え方の質>を向上させるZレーシック(zLASIK)を行っているクリニック

イントラレーシック眼科2 最新Zレーシック レイ眼科クリニック 神戸三ノ宮

イントラレーシック眼科2 品川近視クリニック(東京・大阪)


Quality of Visionを追求しよう! 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。