イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

ウェーブフロント・エクストラビュー-神奈川クリニック眼科【イントラレーシック】

ウェーブフロント・エクストラビューとは

ウェーブフロント・エクストラビューは、これまでは不可能だった細かな高次収差(歪み)をウェーブフロント・アナライザーという高精度の検査機器で解析し、そのデータを元にレーザー照射を行うレーシックです。

収差を矯正することで、通常のレーシックよりさらに視界のボケやにじみが改善され、例えば同じ1.5の視力でもよりクッキリと見える1.5になるなどの見え方の質の向上が期待できます。

ハロ・グレアの視界
ハロ・グレアの視界
クリアな視界
クリアな視界
神奈川クリニック眼科では、世界最高クラスの性能を誇るドイツWaveLight社製エキシマレーザー機器コンチェルト(Concerto)によるウェーブフロント・エクストラビューをクリーンルームで実施しており、良好な症例を重ねています。

ウェーブフロント・エクストラビュー価格

なお、ウェーブフロント技術は、従来のケラトームを用いたレーシックよりも、フラップ作成時の収差が少ないイントラレーシックに組み合わせる方がより効果的です。したがって、ウェーブフロント・エクストラビューをご希望の方は、コンチェルトが第一の選択肢となります。
ドイツWaveLight社製 ウェーブフロント・アナライザー
ドイツWaveLight社製
ウェーブフロント・アナライザー
ドイツWaveLight社製 コンチェルト(Concerto)
ドイツWaveLight社製
コンチェルト(Concerto)
ウェーブフロント・エクストラビューでは、まず、ウェーブフロント・アナライザーで眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的にデータ解析を行います。そして、ウェーブフロント・アナライザーと直接データをリンクさせて、高次収差を無くすようにエキシマレーザーを照射します。神奈川クリニック眼科で導入しているこのような方式は、正式にはウェーブフロント・ガイデッド・レーシック(Wavefront-guided LASIK)と呼ばれる本格的なものです。

このウェーブフロント技術によるレーザー照射は、エキシマレーザーコンチェルトを使用したコンチェルトスーパーイントラレーシック、エピレーシックを中心に行っています。

home 神奈川クリニック眼科


ウェーブフロント・エクストラビュー手術の流れ


ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック0 ウェーブフロント・アナライザーで目の状態を計測、解析します。

ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック1 眼を洗浄したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。

ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック2 開瞼器でまぶたを開いて固定し、イントラレース FS60でレーザーを照射します。





レーザーが一定の深さに作用して隙間ができ、それが連なって平滑な面のフラップを作成します。


ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック3 作成したフラップを開いて、コンチェルトで視力回復用エキシマレーザーを照射し、角膜の屈折力を調整します。

ウェーブフロント・エクストラビュー4 余分な水分や異物などを洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をした後、フラップを元の位置に戻します。

ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック5 フラップは自然に接着します。
home 神奈川クリニック眼科




神奈川クリニック眼科のイントラレーシック 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。