イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)レーシック-新宿近視クリニック【イントラレーシック】

SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)

SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)理由

1.一生涯保証付き
2.レーシック手術治療経験が豊富で感染症ゼロ!重大な合併症発生件数ゼロの実績を持つ眼科専門医が執刀!
3.検査と治療が同日に受けられる「日帰り治療」が可能


home 新宿近視クリニック


SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)の特徴

  1. 個人個人の最適な見え方を実現するオーダーメイドの屈折矯正術
  2. 近視・乱視が強くても手術可能
  3. イントラレースFSレーザーで正確で安全なフラップ作成
  4. フラップ面が薄くなめらか
  5. 副作用感染症の心配がほとんど無い
home 新宿近視クリニック


アイレーシックは、Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)という技術を基盤にした屈折矯正手術であり、「Wave Scan(ウェイブスキャン)」「Intralase FS60(イントラレースFS60)」「VISX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」の3つの機器を使用します。
一人一人異なる眼球虹彩模様の特徴を検査時とレーザー治療時に測定した位置合わせをすることで、正確にレーザー照射位置を合わせることができ、個人の目に合わせたカスタムメイドの視力矯正手術を行ないます。

ilasik(アイレーシック)=IntraLase(イントラレース)+CustomVue(カスタムビュー)
ilasik(アイレーシック)=IntraLase(イントラレース)+CustomVue(カスタムビュー)
home 新宿近視クリニック


■Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)とは?
「Wave Scan(ウェイブスキャン)」と「VISX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」を使って、人それぞれの目に固有なゆがみを0.01D(ディオプター)単位で測定・解析した後、そのデーターに基づいて視力矯正するAMO社独自の技術を「Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)」といいます。

人間の目は精密機械と違って各個人毎に異なる高次収差(不正乱視)と呼ばれる光学的な歪み(ひずみ)があります。
Advanced CustomVue(アドバンスド・カスタムビュー)はこの高次収差を測定し、各個人の眼に合わせたオーダーメイドのレーザー照射を行います。
従来の照射方法と比べて、ハローやグレアなど夜間視力への影響が少なく、コントラスト感度に優れており、通常の近視の方はもちろん、特に乱視の度数が強い方や収差の大きい人などに良好な結果が報告されています。 ここで注意しなくてはいけないのが、「視力」と「見え方」は別のものということです。
同じ視力でも「見え方」は人によって千差万別です。
これは高次収差(角膜のわずかな歪み)の原因となる角膜の形が、指紋と同じように一人ひとり異なっているからです。
そして、この高次収差を矯正することができれば、一人ひとりにとって最適の「見え方」が実現できます。

●同じ視力1.2でも見え方が違う!
判別はできるものの ぼんやりとしか見えない視力1.2の見え方
判別はできるものの
ぼんやりとしか見えない視力1.2の見え方
すべてがくっきり クリアな視力1.2の見え方
すべてがくっきり
クリアな視力1.2の見え方


home 新宿近視クリニック


■Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)の特徴
●夜間視力の改善
これまではレーザー視力矯正手術をすると、夜間に眩しく感じることがありました。
光が散乱してにじんだり、二重に見えたり、ぼんやりと笠をかぶったように見えたりすることもあり、夜間の運転がしづらくなることもありました。
アイレーシックはこれらの問題を解決し、夜間のクリアな見え方を実現します。
アイレーシックの体験者からの報告書では、夜間の視力が良くなったと答える人は通常の矯正手術の約4倍というデータがあります。

従来の照射方法での見え方の一例 (ハロ・グレアが起こりやすい)
従来の照射方法での見え方の一例
(ハロ・グレアが起こりやすい)
アイレーシックでの見え方の一例 (夜間でもクリアに見える)
アイレーシックでの見え方の一例
(夜間でもクリアに見える)


home 新宿近視クリニック


●ウェブスキャンによる角膜の解析
一人ひとりの角膜の形状を、通常のレーシックでの解析(ゼルニケ解析)よりもより細かく読み取り解析(フーリエ解析)します。

ウェブスキャンによる角膜の解析1 ウェブスキャンによる角膜の解析2


home 新宿近視クリニック


●アイリスレジストレーション(IR)
手術中の眼球や瞳孔のズレを正確に把握し、補正する技術があります。
術前の検査は座った状態ですが、実際の手術は仰向けになった状態で行います。
その姿勢の違いによって、眼球は平均2.2度もズレてしまいます。
このズレを補正してレーザーを照射します。

眼球回旋補正のイメージ
眼球回旋補正のイメージ


home 新宿近視クリニック


●3-Dアクティブトラッキング
術中は可能な限り眼球を動かさないことがレーシック手術の理想ですが、術中はかすかに眼球は動いてしまいます。 カスタムビュー®の位置合わせ技術(3-Dアクティブトラック)は、レーザー照射中の眼球の動きを立体的に補足し、3次元追尾しながらレーザーを正確に照射します。

3-Dアクティブトラック(イメージ)により術中の眼球の動きを3次元追尾
3-Dアクティブトラック(イメージ)により術中の眼球の動きを3次元追尾


home 新宿近視クリニック


yazirushi-53-14.gif 個人個人の最適な見え方を実現するオーダーメイドの屈折矯正術
ウェイブスキャンという高精度の検査機器を使うことで、角膜の表面の歪みを正確に補正できるため、患者様一人一人にとって、最適な見え方が実現できます。
yazirushi-53-14.gif 近視・乱視が強くても手術可能。
強度の近視・乱視の方でも治療することが可能です。特に乱視度数の強い方や、不正乱視のある方にお勧めです。
yazirushi-53-14.gif 安全で正確なフラップの作成
マイクロケラトームのような刃物を使わないので、均一で薄いフラップを作成することができます。
yazirushi-53-14.gif フラップ面が薄く滑らか
フラップ作成の全工程をすべてコンピュータ制御で行うため、完全な円形でムラのない滑らかなフラップ面になります。
yazirushi-53-14.gif 副作用や感染症の心配がほとんどない
施術時間が短く、眼への負担が少ないため、ハロ現象やグレア現象やドライアイが起こりにくくなっています。
home 新宿近視クリニック


SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)施術の流れ

SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)レーシック1

洗眼および点眼麻酔
洗眼し、麻酔の点眼薬を手術する目に付けます。

SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)レーシック2
フラップを作成
角膜実質にイントラレースFS60レーザーを照射し、均一なフラップを作成します。

SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)レーシック3

フラップ翻転
フラップをめくります。

SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)レーシック4

エキシマレーザー照射
「VISX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」というエキシマレーザーを角膜実質層に照射し、角膜の屈折率を矯正します。

SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)レーシック5

洗浄
フラップを戻し、フラップ下をよく洗浄することで余分な異物を徹底的に洗い流します。

SBCプレミアムiLASIK(アイレーシック)レーシック6

フラップが自然に接着されるのを待ちます。(数分間)


home 新宿近視クリニック


SBCプレミアムiLASIKキャンペーン

home 新宿近視クリニック


SBC新宿近視クリニックのイントラレーシック 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。