イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

イントラレーシック-神戸クリニック【イントラレーシック】

フラップの作成から角膜の屈折矯正までをコンピューター制御されたレーザーで行う安全性の高い視力矯正手術、イントラレーシック(intra LASIK)

イントラレーシック(intra LASIK)とは

従来のマイクロケラトームではなく、コンピューター制御されたフェムトセカンドレーザーでフラップを作成し、角膜にエキシマレーザーを照射することで屈折を矯正、視力を回復させる術式です。

■こんな方に向いています。
●角膜の厚みが不足している方
角膜が薄くマイクロケラトームでのレーシック(LASIK)が受けられない方も適応となるケースが多いのが特徴です。

home 神戸クリニック


仕組みと特徴

■レーザーを使い安全で正確なフラップを作成
intra-lasik_img01.jpg
マイクロケラトームのような刃物を使わないので、切断時における角膜の歪みが少なく、安全性が高いフラップ形成が可能です。また、熱や痛みも伴わないため、患者様の負担も従来の方法よりも軽減されています。レーザーを使うことにより、患者様の角膜に最も適した均一で薄いフラップを作成することができます。フラップの角膜周辺部は直角に近い角度で切断されるため、フラップの強度が高く、ずれにくいのが特徴です。


■滑らかなレーザーの照射面を形成
intra-lasik_img02.jpg
コンピューター制御されたレーザーでフラップを作成するため、形状は完全な円形で、均一でムラのない滑らかな切除面を形成します。従来のマイクロケラトームと異なり、フラップ作成にエキシマレーザーが苦手とする水を使わないため、レーザーでの角膜切除精度も向上します。


home 神戸クリニック


イントラレーシック(intra LASIK)で使用する最新機器

intra-lasik_img_lntralase.jpg

home 神戸クリニック


イントラレーシック(intra LASIK)手術方法

イントラレーシック(intra LASIK)手術方法

home 神戸クリニック


CustomVue カスタムビュー(オプション)

プラス料金はかかりますが、オプション カスタムビュー(CustomVue)の追加でアイレーシック(iLASIK)へのアップグレードが出来ます。
triangle0113.gif アイレーシック(iLASIK)について


home 神戸クリニック


術前術後の注意事項

術前、当日、術後の過ごし方には若干の注意が必要です。詳細についてはクリニックから説明があるはずですので、注意事項は快適な視力を手にいれるためにもしっかり守りましょう。

神戸クリニックのイントラレーシック 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。