イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

品川トリプルRプレミアムイントラレーシック-品川近視クリニック【イントラレーシック】

ドクター・機器・設備・コストパフォーマンス全てにおいて最高のものを取り入れた最高級のイントラレーシック

ga04_20091214192427.jpg
品川トリプルアールプレミアムイントラレーシックは、フラップの作成に最新型の「イントラレースレーザー(誤差調整マイクロシステム付設)」を使用し、屈折矯正には多くの実績を残している「エキシマレーザー(コンディションメーター付設)」を使用しています。

また、施術を行なうドクターは1万症例を超える経験豊富なドクターが中心となってチームを編成し担当します。

世界トップクラスの症例データと経験、技術、知識を基に独自に完成させた施術システムの確立により、安心して施術を受けて頂ける理想的な環境を実現しています。


home 品川近視クリニック


ca1.gif
レーシックは、ただ施術を受けるだけでいいというものではなく、術後のケアが大切です。品川近視クリニックでは翌日・1週間後・3ヶ月後の定期健診の他、患者様に安心して施術を受けて頂けるように12年間の長期保証制度を設けています。

ca2.gif
イントラレースレーザーは、世界的に非常に高い評価を得ているフラップを作成する為のレーザーです。しかしその優秀なレーザーを使用しても、患者様ひとり一人に使用する器具のわずかな誤差により、作成するフラップの厚さに誤差が生じる場合があり、施術の結果に大きな影響を与える可能性があります。そこででは、フラップ作成時に生じるわずかな誤差を誤差調整マイクロシステムの導入により極限にまで無くすことに成功し、詳細な検査データに基づいた設定値通りのフラップ作成を可能にしています。

ca07.gif
品川トリプルアールプレミアムイントラレーシックは、1万症例以上の経験を有するドクター陣が中心となってチームを編成し、施術を担当しています(福岡を除く)。また、万が一トラブルがあった場合は役職ドクターが診察にあたりますので、施術だけでなく術後のケアの部分においても安心して受けられるでしょう。

ca4.gif
屈折矯正を行うエキシマレーザーは、大変緻密で1/1000ミリ単位で角膜を削るので、湿度が変化すると切除量も変化して、仕上がりに影響がでます。 品川近視クリニックでは、コンディションメーターによりレーザー出力周辺部を常時管理することで、安定したレーザー照射を実現しています。

home 品川近視クリニック


eye_01.jpg
①点眼麻酔

検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。



eye_02.jpg
②フラップの作成

イントラレーザー室へ移動して、開眼器でまぶたを開きイントラレースレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。

eye_03.jpg
③屈折矯正

エキシマレーザー室へ移動して、フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

eye_04.jpg
④消毒

フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして施術は終了です。



eye_05.gif
⑤施術後

状態が安定するまで15分程度回復室で休み、その後の診察で問題がなければ、そのまま帰宅できます。

home 品川近視クリニック




認定証

品川近視クリニックのドクターはイントラレースの公認ドクターとして認められています。また、日本で唯一のAMOイントラレース指導認定医・WaveLight指導認定医が在籍してます。
150_shidoui_nintei01.jpg
INTRALASE
認定証
150nintei_ga01.jpg
AMOイントラレース
指導医認定証
150nintei_ga02.jpg
WaveLight
指導医認定証

home 品川近視クリニック


品川近視クリニックのイントラレーシック 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。