イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

中日 小田幸平選手のレーシック

何かを変えたい。変えてみせる。小田の決意は固かった。その手始めが長年の“トレードマーク”を捨てること。来季は小田のメガネが消えることになった。

 「メガネを外します。手術します。前々から考えていたことですが、決心つきました。自分の“一部”を取って、来年は気合入れてやります」

 この日、700万円減の年俸2900万円でサイン。前回より100万円の上積みがあったものの、プロ10年目で初のダウン更改だ。このショックを、小田はバネにする。これまでは古田(前ヤクルト監督)のように「メガネでも野球ができる」と世間に証明しようと奮闘してきたが、プロ11年目を機にイメチェンを図ることにした。

 現在の両目の視力は0・1以下。井端の紹介で、年末にレーザー治療による視力回復手術を受ける。「視力は1・5くらいになると聞いています」。今季の出場はわずか27試合に終わったが、来季は視界良好な裸眼になって一から出直すというわけだ。

 「来年の目標はレギュラーになることです。自分の明るいスタイルはくずさず、でもメガネを外して黙って結果を残そうと思っています」

 今までサイン色紙にもメガネのイラストを描いてきたが、来年はこれもやめる。打率を上げようと打撃フォーム改良にも乗り出すという。『小田改造計画』の結末はいかに-。

【中日スポーツより】

レーシックした著名人 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。