イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

合併症について〔レーシック/イントラレーシック/その他の視力矯正手術〕

レーシック/イントラレーシックなど視力矯正手術の術後に起こりうる合併症について列記いたします。

現在では使用する機器の開発が進み、性能が格段に向上しているのですが、手術後に起こりうる合併症は全くなくなったわけではありません。

合併症の原因はさまざまであり、すべてが医師の技術によるものであるとは限りません。

近視への戻り
視力矯正手術後に近視へもどる現象が近視の戻りです。 どの術法でもおこる可能性があるのですが、ピーアールケー、レーゼック、エピレーシックで起こりやすいです。 それは、ボーマン膜が失われるためといわれています。 そのほかにも、術後長時間近くを見続けた患者側の原因、執刀医による照射量の設定ミスなど考えられる原因は 他ににもさまざまです。可能であれば将来再度レーザー照射をし、さらに矯正します。

角膜混濁
術後間もないころは上皮層再生の時期であり、かならずと言っていいほど起こる。 しかし、いつまでたっても残るときは点眼薬を処方したり角膜表層切除術によって 濁った角膜を除去する必要がある。起こりうる術法はPRK,LESEK,Epi-Lasikである。

夜間視力の低下
強度近視で瞳孔が大きく若い人に起こりがちです。

1日の時間帯によって視力が変わる
強度近視を矯正した人により多く自覚される症状です。 強度近視の人の角膜はより薄くなるので、その形状が変動しやすく視力にも影響を及ぼします。

ハロ
視力矯正手術後に現れる症状としてよく知られているのがハロです。 暗い場所で光の周りがにじんだ状態で見え、コントラストがはっきりせずに 見える状態をいいます。イントラレーシックではハロが減少します。 照射を広くできない、強度な近視はハロが出やすいです。 しかし、時の経過と共に徐々に消えてゆきます。

ドライアイ
視力矯正手術は角膜を削るので、よりドライアイが起こりやすくなります。 レーシックはフラップを厚めにとるので、イントラレーシックよりもドライアイを起こしやすいです。 通常は徐々に回復するのですが、もしドライアイが悪化してしまったら、 油性の点眼薬などでの治療が必要になります。

ヘイズとグレア
角膜混濁が起こっている状態をヘイズと言い、見え方はハロと同じようにコントラストが低下し、 全体に白っぽい見え方になる合併症です。強度近視にピーアールケー、レーゼック、エピレーシックを 行った場合に発生します。グレアとは光がまぶしく見える現象で、角膜混濁で光が散乱するために起こります。 レーシック後のサハラ砂漠症候群でもこうした合併症が起こります。 こうした状態は半年くらいで徐々に軽減していきますが、長期的に続いて稀に残ることもあります。

フラップ不良
フラップ不良はレーシック、イントラレーシック両方で起こりえます。 未熟な執刀医が手術した場合、マイクロケラトームの扱いが悪いとか、時間がかかりすぎて角膜が乾燥してしまったなど が原因となり、最悪の場合二度とレーシックができなくなる場合もあります。 軽い近視の場合は、フラップが再生するLESEKやEpi-Lasikを検討したほうがよい場合もあります。

感染
幹部を不潔にしておくと、感染症を引き起こすことがある。

エピセリュームイングロース 
フラップの固着が不十分な場合、フラップの下に角膜上皮細胞が進入することがあります。 エピセリュームイングロースは再度フラップをめくり、洗浄することで治療します。 イントラレーシックはフラップエッジが直角で固着も強固なためエピセリュームイングロースは起こりにくいです。

手術前後の注意・管理 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。