イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

イントラレーシックの欠点(手術後問題点について)

※以下は、イントラレーシックが日本で実施され始め、未だポピュラーではなかった時に(2005~6年頃?)弊サイトで記載した記事ですので、その点ご了承の上、お読みください。

現在は改良・開発された機器を用い、安全性の高い最新視力矯正手術方法として、殆どの近視矯正クリニックでイントラレーシックは実施されています。

ここから---------------------------------------------------------------------

イントラレーシック患者の90%が術後3ヵ月後に1.0以上を達成しているのに対し、一般的なレーシック患者は94%が1.0以上を回復しているという調査結果を発表している。
(ジョージア州ウッドハムズ博士)【神戸クリニック

「羞明(しゅう明)症」と呼ばれているイントラレーシック特有の術後合併症を訴える患者の数が著しいことも懸念している。
(ジョージア州ウッドハムズ博士)【神戸クリニック

層間角膜炎の発生、術後のフラップの接着が遅い【東京八重洲クリニック】

実際には、フラップの接着が安定するまでに時間がかかる、炎症を起こしやすいなどの問題が指摘されている。【気になる医学】

術後、層間炎症(DLK)が起きやすい。【レーシック相談室】

ここまで---------------------------------------------------------------------

イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。