イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

イントラレーシックの欠点(手術)

※以下は、イントラレーシックが日本で実施され始め、未だポピュラーではなかった時に(2005~6年頃?)弊サイトで記載した記事ですので、その点ご了承の上、お読みください。

現在は改良・開発された機器を用い、安全性の高い最新視力矯正手術方法として、殆どの近視矯正クリニックでイントラレーシックは実施されています。

ここから---------------------------------------------------------------------

次世代レーシックといわれるイントラレーシックにも関らず、その導入を躊躇している眼科があります。
イントラレーシックについて否定的意見をあるホームページから抜粋掲載います。

イントラレーシックを受けられるときは、その問題点も理解した上で踏み切られることをオススメ致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^^^

①最新のマイクロケラトームに比べて切除面が粗い。よっていくらレーザーが高性能でも、スムーズな綺麗な切除ができない。
②フラップ作成後に気泡ができるので、すぐにはレーザー照射が出来ない。よって、手術に時間がかかる。
③フラップ作成後、手術途中に患者様はエキシマレーザーのところまで移動しなくてはならない。
【レーシック相談室】

ここまで ---------------------------------------------------------------------

イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。