イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

賛成?反対?

以下は、そんなに遠くない昔に、 神戸クリニック ホームページでイントラレーシックに関する[アメリカで報告されたレポートの抜粋]を紹介していました。より具体的に肯否定の理由が述べられていました。(現在は神戸クリニックでもイントラレーシックを取り入れています。)

参考資料
Review of Ophthalmology、2004年10月
All About Vision

<イントラレーシック肯定派>
サウスダコタ州のトンプソン博士は通常角膜の厚さは500ミクロンから600ミクロンであるが、イントラレーシックを使用することにより、100ミクロンまでの薄い角膜のフラップを作成可能であることから角膜の薄い患者や角膜の平らな患者にも対応余地があるという。またイントラレーシックはフラップの切り口が直角型で厚くなることから、一般的なマイクロケラトームを使用したレーシックで作成されたフラップよりも、 ボタンホールや上皮のフラップ下迷入などの合併症の発生率を減少させることが可能と博士は言う。

<イントラレーシック否定派>
ジョージア州のウッドハムズ博士はイントラレーシックと一般的なマイクロケラトームによるレーシック患者の視力比較を行っている。その結果イントラレーシック患者の90%が術後3ヵ月後に1.0以上を達成しているのに対し、一般的なレーシック患者は94%が1.0以上を回復しているという調査結果を発表している。 この調査は、欧州白内障屈折矯正協会(European Society of Cataract and Refractive Surgery)にての博士の研究発表のもとになっている。 また博士はいわゆる「羞明(しゅう明)症」と呼ばれているイントラレーシック特有の術後合併症を訴える患者の数が著しいことも懸念している。

「羞明(しゅう明)症」とは、異常なほどに光に対して過敏になるというイントラレーシック特有の合併症である。最近、複数の眼科医からの報告としてあげられているが、このような光に異常なほどに過敏と なる合併症の発生率はイントラレーシックを受けた患者の1%程度という医師の報告と20%もあるという報告と様々である。ちなみにこの20%という割合は、他の医師の報告と比較し大幅な合併症の発生率であったため、この医師はイントラレーシックの機材を交換したいと言い出している。

このように、イントラレーシックと一般的なマイクロケラトームを使用したレーシックの比較に関して、医療レーザー先進国のアメリカでも未だに賛否両論であり、真の結果が得られるには、まだ患者分析の時間が 必要なようです。

ここまで読んで、さて、あなたはどっちを選ぶ?

従来のレーシック、エピレーシックの神戸クリニック
時代を先取り、最新治療イントラレーシックの品川近視クリニック

【注】
現在では、神戸クリニック でも、品川近視クリニック でも、イントラレーシックを当たり前のように取り入れ、その技術も日々進化しています。

イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。