イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

イントラレーシック手術手順

イントラレーシック手術手順を簡単に説明すると以下のとおりです。


眼を洗浄したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。

開瞼器でまぶたを開いて固定し、イントラレースFSレーザーを照射します。

レーザーが一定の深さに作用して空隙をつくり、それが連なって平滑な面のフラップを作成します。

作成したフラップを開いて、コンチェルトなどの屈折矯正用エキシマレーザーを照射し、角膜の屈折力を調整します。

余分な水分や異物などは洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をしたあとに、フラップを元の位置に戻します。フラップは自然に接着されます。

開瞼したまま2分程度安静にしてから、目薬を点眼して終了です。

イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。