イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

イントラレーシック【Intra-LASIK】とは?

イントラレーシック(Intra LASIK)とは、角膜にフタ状のフラップと呼ばれる部分を作成する際に、高精度な医療用レーザー(イントラレースFSレーザー)を使用するレーシックのことです。

イントラレーシックと通常のレーシックの一番の違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にあります。

レーシックとイントラレーシックの違いとはレーシックはマイクロケラトームというカンナのような器具で、イントラレーシックはレーザーでフラップを作成することです。

上の図をみてお分かりのように、通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成します。
このマイクロケラトームによる作成では、フラップの断面がカンナの往復運動のために多少でこぼこ状態になったり、ヒンジと呼ばれるフラップの繋ぎ目が斜めになったりすることが避けられません。
そのため、フラップのずれやシワの原因になったりということがありました。

一方、イントラレーシックは、コンピュータ制御によるフラップ作成を取り入れているので、切開面も非常に滑らかで、ヒンジの部分も綺麗です。つまり、仕上がりが期待できるといわれています。
その上、フラップが均一にできるので強度を高めることも期待できます。

本田圭佑 レーシック

イントラレーシックにおいては通常のレーシックにくらべて、さらにフラップを薄く正確に作成することができるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となります。

レーシックとイントラレーシックの違いを追求すると様々なことがあげられますが、そのなかでも決定的なのはフラップのめくり方が違うことです。

さて、ここで従来のレーシック(ケラトームレーシック)とこれから主流となりつつあるイントラレーシックの一番大きな違いを理解したところで、イントラレーシックについて深く探ってゆきましょう。

イントラレーシックとは 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。