イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)とは?

視力矯正手術といえばレーシックというくらいこの術式は一番なじみがあります。
しかし、今初めてレーシックと聞いた人は、レーシク、レシック、resik、lesik、lesic・・・???となるかもしれません。

レーシックとは、Laser in Situ Keratomileusisの頭文字を取って、レーシック(LASIK)なのです。

レーシックを簡単に説明すると、マイクロケラトームとよばれる機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくります。
そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を蒸散させ、その後フラップを元の位置に戻す。
という手順です。

手術自体は、神経が通っていないところを削ります。
そのため、痛みがほとんどなく、手術後すぐに視力が回復し、入院の必要もありません。

レーシック以外の手術矯正手術のいくつかはこのレーシックの変形型ともいえます。
フラップ作成にマイクロケラトームを使用するのが、レーシックの大きな特徴です。

レーシックはレーザー照射の調節により、乱視矯正も可能です。

近視矯正手術全般 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。