イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

近視矯正手術体験記~予後(その後)

さて、手術後椅子から起き上がった後についで感動の瞬間が多いと思われる、術後翌日の目覚めの瞬間である。

大抵の体験記には『翌朝目覚めたとき、思わず習慣的にメガネを探していた』とか『目を開けたとき、コンタクトをはめたまま寝てしまった!と勘違いした』というような事が、感動と共に書かれている。

視力矯正手術をすれば、こんな毎日がまってますよ、という具合である。

私の場合は・・・というと、これはある意味本当だ。
細かい壁の傷なども確かに見える。手術前は絶対に見えてなかったものが見えるようになっていたのは確か。

しかし、見えるは見えるけど霧が完全には晴れていない。

とにかくこの時点で視力はどのくらい回復しているのか知りたくて、半ば急いて翌日検診に出かける。

霧が晴れていないので、あまり期待していなかったのだが、視力は左右共に1.0。
この具体的な数字を聞いたときはさすがに感動した。裸眼で見てこの視力が出た事自体、やはり信じがたかった。小学校以来のことであるのだから。

予想外のよい視力に舞い上がり、このかすんだ状態はいつまで続くのか?という質問をするのを完璧に忘れてしまっていた。

私に関して言えばこの後、順調に回復していったといってよいと思う。

実際、多少のハロ現象が出たのは事実である。夜間外出して車のライトがまぶしく感じた。
そして、今でもその症状はあるような気がする。気がするというのは、あまり気にならない程度か、もしくはこれが当たり前となれてしまったからだ。

視力について言うと、今では両眼とも1.2である。術後にの霧がかかった状態も今では全くない。

手術直後は、なかなか思うように1.0以上にならないとか、炎症を起こしていると言われたとか、ドライアイで苦労しているとか・・他人の手術体験記を読むとさまざまな症状に悩まされてる人が、実際存在していることも知っている。

しかし、そのような体験記も日を追って読み進めてゆくと、そのほとんどの人が手術直後のトラブルから徐々に開放されているように感じた。 中には思うように回復せず、再手術を検討しているというパターンもあったが・・

そして、それらの体験記の多くは視力矯正手術後特有の症状(トラブル)を併せて判断しても、手術をしてよかったという思いで結ばれているものが多いのだ。
(これは、手術するべきだと煽っているのではありません。体験記を読み私が感じたことです。)

私も幸運なことに満足行く結果を得た一人である。

ココまで読まれて、私と同じく満足行く結果を得たいと思われた方は、クリニックを十分研究し、吟味した上で納得し、手術に踏み切られてほしい。

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

イントラレーシック体験談 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。