イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

いざクリニックへ

手術当日は比較的落ち着いて迎えることができた。
昨夜と同じく「このぼんやりした視界もあと2.3時間後には・・・」と思うと、気持ちが大きくなったりした。

手術1時間前にクリニックに来るように指示があったので、そのように車を手配。
車とは、友人の車だ。

検査などは電車で行ってたのだが、やはり帰りが心配なので、友人に送り迎えをお願いした。
当日は車の運転は控えるようにという注意があったが、自分としては電車でも心配だったのだ。

「痛みは無い」というのが、近視矯正手術の特長でもあり、何度も何度も聞いていた。
しかし、「目の手術」である。手術が痛くないはずは無い・・という思いは最後の最後まで消えなかった。

クリニックの近くまできて、友人とは別れる。
手術が終わったらまた連絡を入れることになった。

クリニックに入り、まずしたことは、手術承諾書にサイン。
「何があっても、異議を申し立てることはしない」というくだり、やはりあったか・・。
う~ん、これって本当に責任は一切とらないということなのか??
明らかな過失であっても??こうやって、成文化されると一瞬たじろぐ。

レーシックなど近視矯正手術はまだ歴史が浅いため、予後についての情報が十分ではなく、そのためもあって「本当に、本当に大丈夫なのか?」という不安は手術をするまで、いや、手術後も心の片隅でずっと続いてゆくのかもしれない。

しかし、自分はもうどうしても眼鏡生活を終えたかったので、「大丈夫!」というほうに賭けることにする。
この予後の情報が確立されたらさらに安心して手術を受ける人が増えるであろう。

次に手短に支払い。
自分にとってかなりの高額。高額自体は喜ばしいことではないが、クレジットカードで高額を落とせばポイントは溜まるは、マイレージも同時に溜まるはよいこともあるものだ。
ここは迷うことなく、クレジットカードで。

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

イントラレーシック体験談 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。