イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

見えない世界にさようなら

中学の受験時期に突然目が悪くなり、それからついに今日という日まで、20年という長きにわたり、近視と付き合ってきたが、あと十数時間でお別れだ。

昨夜、映画館で映画を見ているときも、「あの字幕が本当に裸眼で見えるようになるのか?」となんども頭をよぎり、ストーリーに集中することができなかった。

時折メガネをずらし、すべてのものがぼんやりしている世界を、ある意味名残惜しく、味わったりしていた。

私は運悪く、コンタクトレンズ装用が体質的に向いていないのか、コンタクトレンズの異物感が気になり、どうしても・・という時以外は、仕方なく眼鏡をかけ続けてきた。

すでに裸眼暦よりメガネ暦の方が長くなり、私のことを説明するときには「あー、そうそう、あのメガネの人・・」と他人が私を語る上で、特徴の一つとして捕らえられていた。

だから、「○○さん(私)」といえば、メガネをかけた私の姿が頭に思い浮かぶに違いない。
すでにメガネは私の外観にすっかり溶け込んでいるのだ。

しかし、実際眼鏡というものは、私にとって実に煩わしい代物であった。
今でこそ、「メガネ萌え~」など、ファッション性を求め、自ら進んでメガネをかけたりするのがはやっているようだが、私には全くもって理解できない。

私はもともと運動が得意である。
野球・サッカー・水泳・バスケ・バレーボール、・・・なんでもそこそこの成績を上げてきた。
しかも、メガネありで。
もしこれが裸眼だったら、そのレベルをさらに底上げできたに違いない。

言い訳がましく聞こえるかもしれないが、これは全く大げさではなくて、メガネをかけて物事に集中するということはそのくらい難しいということである。

裸眼でのびのびと運動できる人をみて、大変うらやましく思ったものである。

運動以外にも近視であるがゆえにいままで苦労してきたことを書き並べてみると・・・
何はさておき、ファッション性の問題。
メガネを掛けているだけで、「こいつはガリ勉タイプ」と自動的に烙印を押されたことがある。

風呂にはいるとき、水泳をするとき。
水につかるときはメガネをはずす。これは本当に不便。しかも危険である。

熱いものを食すとメガネが曇る。

目が疲れやすい。圧迫感がある。

金がかかる。






自分は本当に眼鏡とは相性が合わなかったと思う。
眼鏡を掛けている人が、「本当にイヤになるよ。この眼鏡どうにかならないかな~?」と愚痴るのを聞いたことがない。なんの問題もなく素直に眼鏡を受け入れているようにみえた。

そしてそれがまた、自分のイライラに拍車を掛けた。

まあ、この話はいい。
あと数時間でこの生活ともオサラバなのだから・・

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

イントラレーシック体験談 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。