イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

エピレーシック(epi-LASIK)

エピレーシック【epi-LASIK】概要 エピレーシック【epi-LASIK】概要

エピレーシック(Epi-LASIK)の手術方法はレーシックと似ていますが、フラップを作成するのがエピケラトームという器具になります。角膜上皮のみの薄いフラップを作るので、レーシックより回復力が高く、激しいスポーツをする人に適しています。エピレーシックは作成するフラップが薄い分、残せる角膜の厚みが大きいので、角膜が薄い人、強度の近視の人にも適用できる可能性が高くなります。フラップは薄いのですが、LASEK(ラセック)のようにアルコールを使用しないので、それに関る将来的な不安を抱えることもありません。

エピレーシック【epi-LASIK】手術手順 エピレーシック【epi-LASIK】手術手順

  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。


  2. 角膜にマーキングをして、エピケラトームという機器でより薄いフラップを作成する。


  3. フラップをめくり上げ、エキシマレーザーを照射し、角膜の形を変える。


  4. 洗浄、消毒後マーキングした位置にフラップを戻す。




エピレーシック【epi-LASIK】のメリット(利点)エピレーシック【epi-LASIK】のメリット(利点)



エピレーシック【epi-LASIK】のデメリット(問題点)エピレーシック【epi-LASIK】のデメリット(問題点)



エピレーシック【epi-LASIK】主なクリニック(眼科)エピレーシック【epi-LASIK】主なクリニック(眼科)

品川近視クリニック品川近視クリニック
神戸クリニック神戸クリニック
柏眼科クリニック柏眼科クリニック

神奈川クリニック神奈川クリニック

近視矯正手術種類 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。