イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

PRK(ピーアールケー)

PRK(ピーアールケー)概要 PRK(ピーアールケー)概要

PRK(ピーアールケー)【Photorefractive Keratectomy】とは、レーシックよりも歴史がある視力回復手術です。この術式はレーシックのようにフラップを作らないことが特長で、フラップがずれる危険性がある激しい運動をする人にはオススメです。角膜上皮を除去後、エキシマレーザーを照射して屈折を矯正しますが、その角膜上皮の除去法により術式が数々存在します。通常(一般的)のPRKはメスにより角膜を除去しますがTransepithelial PRKはレーザーで上皮を蒸散させます。この方法はT-PRKと呼ばれることもあり、最近増加の傾向があります。

PRK(ピーアールケー)手術手順 PRK(ピーアールケー)手術手順

  1. 目の消毒、麻酔、開瞼器によるまぶたの固定。

  2. メスやレーザーによって角膜上皮を除去します。

  3. 角膜にエキシマレーザーを照射、屈折矯正します。

  4. 保護用コンタクトレンズを装用し、終了。



PRK(ピーアールケー)メリットPRK(ピーアールケー)メリット



PRK(ピーアールケー)デメリット PRK(ピーアールケー)デメリット

(*)この遠視化リスクを軽減したPRKが【フレックスPRK】と呼ばれる方法です。

PRK(ピーアールケー)主なクリニック(眼科)PRK(ピーアールケー)主なクリニック(眼科)

神戸クリニック神戸クリニック
松原クリニック松原クリニック
加藤眼科レーシックセンター加藤眼科レーシックセンター
神奈川クリニック神奈川クリニック
柏眼科クリニック柏眼科クリニック


近視矯正手術種類 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。