イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

手術給付金で取り返す!

手術給付金とは

多くの生命保険・医療保険に加入されている場合、ご契約内容および生命保険会社によっては、レーシック(LASIK)で手術給付金が支給される場合があります。
保険の種類にもよりますが、一般的に3~10万円程度の手術給付金が支給されます。
どれくらいの額が支給されるか、また手術給付金の対象か否か、詳しくはご加入されている保険会社へお問い合わせください。なお、お問い合わせの際の正式な手術名称は、「レーザーによる角膜屈折矯正手術」となります。

■手術給付金実績のある生命保険会社の例

※ 下記リストは、過去に手術給付金を支給した生命保険会社のリストであり、合併等により保険会社の名称が変更している可能性もあります。各社の方針や条件により給付の対象とならない場合もあるため、詳しくは各保険会社にお問い合わせください。

日本生命、明治安田生命、アメリカンファミリー、住友生命、第一生命、ソニー生命、朝日生命、三井生命、アメリカンライフインシュアランス、損保ジャパンひまわり生命、JA共済、太陽生命、大同生命、アクサ生命、ジブラルタ生命、AIGスター生命、ソニー損害、三井住友海上火災、東京海上日動あんしん生命、プルデンシャル生命、ウインタートウル・スイス生命、あいおい生命、富国生命、エキスパートアライアンス・・・


※ 保険会社に給付金申請用の診断書フォームがある場合は、その書類を各保険会社からお取り寄せください。保険会社の診断書フォームがない場合は、当院でも診断書をご用意いたします。通常、診断書をご契約中の生命保険会社に送付していただきますと、給付金申請の手続きが開始されます。ご送付の前に生命保険会社へ事前にご相談されることをおすすめします。

生命保険会社へ手術給付金の請求をする場合、医師の診断書が必要になります。レーシックのクリニック眼科では有料で診断書の作成しているところがあります。

手術給付金 レーシック 有料で診断書の作成しているレーシッククリニック眼科一覧

手術給付金 レーシック  神奈川クリニック眼科 診断書作成料 : 5,000円

手術給付金 レーシック 神戸クリニック 診断書作成料 : 3,000円(税込)

手術給付金 レーシック 品川近視クリニック 診断書作成料 : 9,000円(税込)

手術給付金 レーシック 錦糸眼科 診断書作成料 : 5,000円

手術給付金 レーシック  SBC新宿近視クリニック 診断書作成料 : 1万円(税込)

手術給付金 レーシック ナチュラルビジョン高輪クリニック 診断書作成料 : 5,000円(税込)が

※上記のいずれのクリニックも、診断書作成料は変更になる場合がございます。必ずご自身でリンク先の公式ページにてご確認ください。

スポンサーサイト
レーシック 割引&お得 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ 次のページ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。