イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


【北海道】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【青森県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岩手県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【秋田県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山形県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【栃木県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【茨城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【群馬県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【埼玉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【千葉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【東京都】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【神奈川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【新潟県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長野県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山梨県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【静岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【富山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岐阜県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【石川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福井県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【滋賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【三重県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【京都府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【奈良県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【和歌山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【兵庫県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大阪府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鳥取県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岡山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【島根県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【広島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山口県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【香川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【徳島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛媛県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【高知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大分県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【熊本県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【佐賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鹿児島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【沖縄県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

コンチェルトスーパーイントラレーシック-神奈川クリニック眼科【イントラレーシック】

コンチェルトスーパーイントラレーシックとは

神奈川クリニック眼科コンチェルト スーパー イントラレーシックとは、神奈川クリニック眼科が最も優れた手術と考え、一番おすすめの手術です。

コンチェルト
Wavelight社 コンチェルト(Concerto)

* 高性能機種イントラレース FS60で角膜のフラップを作成
* 視力回復用エキシマレーザーに世界最高クラスの性能を誇るコンチェルト(Concerto)を使用
* 専用手術室クリーンルームにて実施

神奈川クリニック眼科では他に、旧機種の改良型エキシマレーザー、アイキュー(Eye-Q)を採用し、費用を抑えたCRスーパーイントラレーシックも実施しています。
コンチェルトスーパーイントラレーシックとCRスーパーイントラレーシックを比較した場合、エキシマレーザーに最上位機種コンチェルトを使用する点が最も大きな違いで、角膜の切除量が少なくて済むいう利点があります。近視・乱視が強いほど角膜の切除量は増えるため、近視・乱視が強めの方や角膜が薄い方には、特にコンチェルト スーパー イントラレーシックがおすすめです。

home 神奈川クリニック眼科


コンチェルト スーパー イントラレーシック手術の流れ

stp_intralasik01.jpg 眼を洗浄したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。
stp_intralasik02.jpg 開瞼器でまぶたを開いて固定し、イントラレース FS60でレーザーを照射します。





レーザーが一定の深さに作用して隙間ができ、それが連なって平滑な面のフラップを作成します。

stp_intralasik03.jpg 作成したフラップを開いて、コンチェルトで視力回復用エキシマレーザーを照射し、角膜の屈折力を調整します。
stp_intralasik04.jpg 余分な水分や異物などを洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をした後、フラップを元の位置に戻します。
stp_intralasik05.jpg フラップは自然に接着します。

home 神奈川クリニック眼科


イントラレーザー、イントラレース FS60について

intralasik01.jpg
アメリカAMO社製
イントラレース FS60
レーシックの進化形ともいえるイントラレーシックを行う際に神奈川クリニック眼科 で使用しているフラップ作成用レーザーが、アメリカAMO社製の高性能機種イントラレース FS60 (Intralase FS60)です。

角膜表面からフラップを作成する際、通常のレーシックではマイクロケラトームを使用するのに対して、イントラレーシックではイントラレース FSレーザーを使用します。

これによりフラップの厚みやフラップを支える部分(ヒンジ)の位置などを自由にデザインすることができ、マイクロケラトームではフラップを作るのが難しかった極端な角膜形状の方でも、視力回復 手術を受けることが可能になりました。

また、神奈川クリニック眼科 ではマイクロメートル単位の微調整を行うマイクロ誤差防止システムも導入しており、極めて精度の高いイントラレーシックを実施しています。

home 神奈川クリニック眼科


エキシマレーザー機器、コンチェルト(Concerto)について

Wavelight社コンチェルト
Wavelight社 製
コンチェルト(Concerto)
コンチェルトスーパーイントラレーシックとは、ドイツWavelight社のエキシマレーザー機器 コンチェルト(Concerto)を使ったレーシック手術です。

コンチェルトは、同社製品アイキュー(Eye-Q)の上位機種として位置づけされており、その技術・デザインは世界最高レベルの機器です。

コンチェルト(Concerto)は、下位モデルのアイキュー(Eye-Q)の技術をベースに、エキシマレーザーの質を大幅にグレードアップさせています。

レーシック手術の成功のカギは、エキシマレーザー機器の性能であると言っても過言ではありません。施術を行うのはマイクロメートルの世界ですから、ごくわずかな差でも視力回復手術後の結果は大きく左右されてしまいます。

コンチェルト(Concerto)の高度な技術は・・・

■ ガウシアンレーザービーム

■ レーザービームの最適化

■ アクティブ・アイ・トラッカー

■ リアルタイム・角膜厚測定技術

■ リアルタイム・分光技術

■ クロスライン・プロジェクター技術

■ カスタムQ技術

です。

それぞれの技術についての詳細は公式サイト、神奈川クリニック眼科 で確認出来ます。

home 神奈川クリニック眼科




視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

スポンサーサイト
神奈川クリニック眼科のイントラレーシック 編集

CRスーパーイントラレーシック-神奈川クリニック眼科【イントラレーシック】

CRスーパーイントラレーシックとは

blueline_ph01.jpg
神奈川クリニック眼科 のCRスーパーイントラレーシックは、レーシック手術をリーズナブルに受けたい方に適しています。

CRスーパーイントラレーシックでは、ドイツWavelight社のエキシマレーザー機器アイキュー(Eye-Q)を使って視力回復手術をします。

正規新品であることはもちろん、メーカーによる入念なメンテナンスを受け、安定した性能を発揮しています。

* 高性能機種イントラレース FS60 で角膜のフラップを作成
* 視力回復用エキシマレーザーにアイキュー(Eye-Q)を使用
* 専用手術室クリーンルームにて実施


こちらはCRスーパーイントラレーシックをベースとした、よりお得なプランです。
手術手順はCRスーパーイントラレーシックと全く同じです。
CRスーパーイントラレーシックシンプルプラン
CRスーパーイントラレーシックシンプルプラン
公式サイト: 神奈川クリニック眼科


home 神奈川クリニック眼科


CRスーパーイントラレーシック手術の流れ

stp_intralasik01.jpg 眼を洗浄したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。
stp_intralasik02.jpg 開瞼器でまぶたを開いて固定し、イントラレース FS60でレーザーを照射します。





レーザーが一定の深さに作用して隙間ができ、それが連なって平滑な面のフラップを作成します。

stp_intralasik03.jpg 作成したフラップを開いて、アイキュー(Eye-Q)で視力回復用エキシマレーザーを照射し、角膜の屈折力を調整します。
stp_intralasik04.jpg 余分な水分や異物などを洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をした後、フラップを元の位置に戻します。
stp_intralasik05.jpg フラップは自然に接着します。
home 神奈川クリニック眼科


イントラレーザー、イントラレース FS60について

intralasik01.jpg
アメリカAMO社製
イントラレース FS60
レーシックの進化形ともいえるイントラレーシックを行う際に神奈川クリニック眼科 で使用しているフラップ作成用レーザーが、アメリカAMO社製の高性能機種イントラレース FS60 (Intralase FS60)です。

角膜表面からフラップを作成する際、通常のレーシックではマイクロケラトームを使用するのに対して、イントラレーシックではイントラレース FSレーザーを使用します。

これによりフラップの厚みやフラップを支える部分(ヒンジ)の位置などを自由にデザインすることができ、マイクロケラトームではフラップを作るのが難しかった極端な角膜形状の方でも、視力回復 手術を受けることが可能になりました。

また、神奈川クリニック眼科 ではマイクロメートル単位の微調整を行うマイクロ誤差防止システムも導入しており、極めて精度の高いイントラレーシックを実施しています。

home 神奈川クリニック眼科


エキシマレーザー機器、アイキュー(Eye-Q)について

blueline_ph01_20091220013819.jpg
Wavelight社製
アイキュー(Eye-Q)
レーシック手術の成功のカギは、エキシマレーザー機器の性能であると言っても過言ではありません。施術を行うのはマイクロメートルの世界ですから、ごくわずかな差でも視力回復手術後の結果は大きく左右されてしまいます。

ドイツWavelight社のレーシック手術用のエキシマレーザー機器である、アレグレット・ウェーブ・アイキュー・ブルーライン(Allegretto Wave Eye-Q Blue Line)です。

上位モデルのコンチェルト(Concerto)と一部同様の技術が使われており、アクティブ・アイ・トラッカーと呼ばれる眼球運動の自動追尾機能を搭載し、視力回復手術中の眼球の細かな動きまで追跡してレーザーが照射される仕組みとなっています。

その他の高度な技術は・・・

■ ガウシアンレーザービーム

■ レーザービームの最適化

■ アクティブ・アイ・トラッカー

■ ニューロ・トラック技術

■ カスタムQ技術

です。

それぞれの技術についての詳細は公式サイト、神奈川クリニック眼科 で確認出来ます。


home 神奈川クリニック眼科


視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

神奈川クリニック眼科のイントラレーシック 編集

アイレーシック(iLASIK)-神奈川クリニック眼科【イントラレーシック】

アイレーシック(iLASIK)によるクリアな視界

「目が悪い」「物が良く見えない」という状態は様々な要素が絡み合って生じます。視力 1.5 といった数値には、視界のクリアさ、見え方の質は反映されていません。この見え方の質の差は目のゆがみに起因し、そのゆがみ方は、人それぞれ千差万別です。

見え方の質が悪い
見え方の質が悪い
見え方の質が良い
見え方の質が良い


神奈川クリニック眼科では、見え方の質に特にこだわりたい患者様や、ハロ・グレアなどの夜間視力を向上したい患者様のご要望にお応えして、アイレーシック(iLASIK)を導入しました。神奈川クリニック眼科が誇る豊富な選択肢が、また1つ増えました。

アイレーシック テクニカルサポートプラン

アイレーシックは、次の3つのステップに分かれており、これが手術の全体的な流れになっています。 眼球のゆがみ(収差)をウェーブスキャン・ウェーブフロント(WaveScan WaveFront)で解析し、フラップ作成にイントラレース FS60(Intralase FS60)を、角膜の屈折力調整にビジックス・スター S4 IR (VISX Star S4 IR)を使用します。

WaveScan WaveFront®  収差を測定
WaveScan WaveFront®
収差を測定
Intralase FS60  フラップを作成
Intralase FS60
フラップを作成
VISX Star S4 IR®  収差を基にレーザーで矯正
VISX Star S4 IR®
収差を基にレーザーで矯正
home 神奈川クリニック眼科


アイレーシック(iLASIK)手術の流れ

アイレーシック(iLASIK)神奈川クリニック0 ウェーブスキャン・ウェーブフロント®で目の状態を計測、解析し、機器に記録します。同時に、虹彩模様も記録します。
アイレーシック(iLASIK)神奈川クリニック1 眼を洗浄したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。
アイレーシック(iLASIK)神奈川クリニック2 開瞼器でまぶたを開いて固定し、イントラレース FS60でレーザーを照射します。





レーザーが一定の深さに作用して隙間ができ、それが連なって平滑な面のフラップを作成します。

アイレーシック(iLASIK)神奈川クリニック3 作成したフラップを開いて、ウェーブスキャン・ウェーブフロント®で解析した情報に基づき、ビジックス・スター S4 IR®で視力回復用エキシマレーザーを照射し、角膜の屈折率を調整します。
アイレーシック(iLASIK)神奈川クリニック4 余分な水分や異物などを洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をした後、フラップを元の位置に戻します。
アイレーシック(iLASIK)神奈川クリニック5 フラップは自然に接着します。
home 神奈川クリニック眼科


アイレーシック(iLASIK)3つの機器

アイレーシック(iLASIK)とは、アメリカ Abbott Medical Optics (AMO) 社の3機種を使ったエキシマレーザー視力回復手術の総称です。

アイレーシック(iLASIK)3つの機器

home 神奈川クリニック眼科


アメリカ眼科医の実績度

アメリカの眼科医の73%AMO社製のエキシマレーザー機器
アメリカの眼科医の73%が、ビジックス・スター S4 IR などのAMO社製のエキシマレーザー機器を使用しています。

アメリカでは年間100万件もの視力回復手術が行われており、その中で最も使用されているAMO社製の機器は、豊富な手術実績があって安心だといえます。


home 神奈川クリニック眼科


アイレーシック(iLASIK)とNASA

NASA(アメリカ国立航空宇宙局)ではかつて、宇宙飛行士のレーシック(LASIK)を禁止していました。これは、レーシック自体の長期安全性が未確認であることに加え、無重力状態でのレーシック手術後の眼の状態が未知数であるためでした。

レーシックの中でも、アイレーシック(iLASIK)の非常に優れた結果と安全性が認められ、NASAはアイレーシックを導入しました。現在ではアイレーシックが、アメリカ合衆国の軍隊にも導入され、海軍パイロット・空軍パイロットにも役立っています。

アイレーシックが、アメリカ合衆国の軍隊にも導入され、海軍パイロット・空軍パイロットにも役立っています

home 神奈川クリニック眼科


視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

神奈川クリニック眼科のイントラレーシック 編集

ウェーブフロント・エクストラビュー-神奈川クリニック眼科【イントラレーシック】

ウェーブフロント・エクストラビューとは

ウェーブフロント・エクストラビューは、これまでは不可能だった細かな高次収差(歪み)をウェーブフロント・アナライザーという高精度の検査機器で解析し、そのデータを元にレーザー照射を行うレーシックです。

収差を矯正することで、通常のレーシックよりさらに視界のボケやにじみが改善され、例えば同じ1.5の視力でもよりクッキリと見える1.5になるなどの見え方の質の向上が期待できます。

ハロ・グレアの視界
ハロ・グレアの視界
クリアな視界
クリアな視界
神奈川クリニック眼科では、世界最高クラスの性能を誇るドイツWaveLight社製エキシマレーザー機器コンチェルト(Concerto)によるウェーブフロント・エクストラビューをクリーンルームで実施しており、良好な症例を重ねています。

ウェーブフロント・エクストラビュー価格

なお、ウェーブフロント技術は、従来のケラトームを用いたレーシックよりも、フラップ作成時の収差が少ないイントラレーシックに組み合わせる方がより効果的です。したがって、ウェーブフロント・エクストラビューをご希望の方は、コンチェルトが第一の選択肢となります。
ドイツWaveLight社製 ウェーブフロント・アナライザー
ドイツWaveLight社製
ウェーブフロント・アナライザー
ドイツWaveLight社製 コンチェルト(Concerto)
ドイツWaveLight社製
コンチェルト(Concerto)
ウェーブフロント・エクストラビューでは、まず、ウェーブフロント・アナライザーで眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的にデータ解析を行います。そして、ウェーブフロント・アナライザーと直接データをリンクさせて、高次収差を無くすようにエキシマレーザーを照射します。神奈川クリニック眼科で導入しているこのような方式は、正式にはウェーブフロント・ガイデッド・レーシック(Wavefront-guided LASIK)と呼ばれる本格的なものです。

このウェーブフロント技術によるレーザー照射は、エキシマレーザーコンチェルトを使用したコンチェルトスーパーイントラレーシック、エピレーシックを中心に行っています。

home 神奈川クリニック眼科


ウェーブフロント・エクストラビュー手術の流れ


ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック0 ウェーブフロント・アナライザーで目の状態を計測、解析します。

ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック1 眼を洗浄したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。

ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック2 開瞼器でまぶたを開いて固定し、イントラレース FS60でレーザーを照射します。





レーザーが一定の深さに作用して隙間ができ、それが連なって平滑な面のフラップを作成します。


ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック3 作成したフラップを開いて、コンチェルトで視力回復用エキシマレーザーを照射し、角膜の屈折力を調整します。

ウェーブフロント・エクストラビュー4 余分な水分や異物などを洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をした後、フラップを元の位置に戻します。

ウェーブフロント・エクストラビュー神奈川クリニック5 フラップは自然に接着します。
home 神奈川クリニック眼科




神奈川クリニック眼科のイントラレーシック 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。