イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


【北海道】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【青森県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岩手県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【秋田県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山形県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【栃木県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【茨城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【群馬県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【埼玉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【千葉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【東京都】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【神奈川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【新潟県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長野県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山梨県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【静岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【富山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岐阜県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【石川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福井県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【滋賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【三重県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【京都府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【奈良県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【和歌山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【兵庫県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大阪府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鳥取県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岡山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【島根県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【広島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山口県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【香川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【徳島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛媛県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【高知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大分県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【熊本県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【佐賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鹿児島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【沖縄県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

アマリス Zレーシック-品川近視クリニック【イントラレーシック】

chache_z_amaris.gif

アマリス Zレーシックでは、フラップの作成に術後の眼の負担を最小限に抑えることを可能にしたフェムトセカンドレーザー(フェムトLDV)と、エキシマレーザーには5次元で眼の動きを認識する機能を搭載したアマリスを使用しています。
これら2つの機器を組み合わせることで、より安全で質の高い施術を実現しています。

z_amaris.jpg

home 品川近視クリニック


世界初!5次元で眼の動きを認識する機能を搭載

ga03.jpg
アマリスは5次元全ての動きを1秒間に1050回という速さで認識することにより、正確なレーザー照射を行うことができる最新機器です。5次元で動きを認識するシステムはアマリスのみに搭載されています。
ga04.jpg

home 品川近視クリニック


正確性を追求した2段階の照射レベル

アマリスは、2段階の照射レベルを融合させることで、より精密なレーザー照射を実現しています。また照射時間の短縮によって角膜への負担を軽減します。
ga06.jpg
最初の80%は、高速で高いエネルギーで照射し、角膜を早く、大きく削ります。
next.gif ga07.jpg
残り20%は高速で低いエネルギーで照射し、削除面をより滑らかに整えます。

home 品川近視クリニック


熱を分散する照射システム

ga08.jpg

アマリスはレーザー照射による熱を分散させる照射システムを搭載しています。同じところに連続してレーザーを照射すると、一箇所に熱が集中して負担になります。

アマリスのレーザーは照射部分の負担を軽減する為に、常に180度反対方向に照射されますので、レーザーが重なって照射されることを防止し、熱による角膜への負担を軽減します。

amaris_graph.gif

home 品川近視クリニック


正確な照射位置を瞬時に認識

ga05.jpg
眼球認識機能の基本性能は、瞳孔の中心を認識し、それを基準に施術中の眼の動きを認識します。しかし、従来機種の眼球認識機能(2次元)では、眼の動きを平面の動きとして認識する為、左の図のように眼が傾いた場合、照射位置がズレることになります。

アマリスの持つ眼球認識機能は、5次元全ての動きを瞬時に察知し、眼の傾きに対応します。これによって正確な照射位置(A)へのレーザー照射を実現しています。


home 品川近視クリニック


自然な見え方を追求

アマリスは「アベレーションフリープログラム(Aberration-Free™ Program)」という、術後に高次収差(角膜のわずかな歪み)を増加させない照射プログラムを採用しています。アイレーシックなどのウェーブフロント技術を使用する治療法は、高次収差を完全に取り除くことを目的としていますが、アマリスのアベレーションフリーは、本来持っている自然な見え方の“質”を保ちながら、視力を向上させる最先端の治療法として世界的にも注目されています。 もちろん、ウェーブフロントにも対応していますので、高次収差が極端に強く、ウェーブフロントを使用した治療が必要な場合は無料で提供しています。
アレグレットにも術後、高次収差を抑える「ウェーブフロントオプティマイズド(Wave front optimized)」というプログラムがありますがアマリスのプログラムは、より強力に術後、高次収差の増加を防ぎます。

cate05.gif
ga015.jpg

cate06.gif

ga016.jpg

ga017.jpg

home 品川近視クリニック


フェムトLDVの特徴(フラップ作成)

ldv.jpg
アマリス Zレーシックでは、フラップの作成に世界初となるトップビューカメラ搭載のフェムトLDVを使用しています。 従来型のフェムトLDVでは、レーザー照射前にカメラでフラップの位置を確認してレーザー照射を行うことが出来ませんでしたが当院で使用している最新のフェムトLDVは施術中も患者様の眼を確認しながらフラップを作成することが出来るので安全で質の高い治療が可能です。

eye_01.jpg
①点眼麻酔

検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。


eye_02.jpg
②フラップの作成(フェムトLDV使用)
開眼器でまぶたを開きフェムトセカンドレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。


eye_03.jpg
③屈折矯正(アマリス使用)
フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

eye_04.jpg
④消毒

フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして施術は終了です。


eye_05.gif
⑤施術後

状態が安定するまで15分程度回復室で休み、その後の診察で問題がなければ、そのまま帰宅できます。



※アマリス Zレーシックの施術は東京・大阪で行っています。

home 品川近視クリニック


cate04.gif

amaris_douga.png

アマリスzレーシックについての詳しい解説動画がアップされています。
解説には唯一アマリスのみの5次元アイトラッキングについて分かりやすく説明されていますので、 公式サイトにてご確認ください。

品川近視クリニック の公式サイト




home 品川近視クリニック



スポンサーサイト
品川近視クリニックのイントラレーシック 編集

品川プレミアムZレーシック-品川近視クリニック【イントラレーシック】

ga01.jpg
品川プレミアムZレーシックは、フラップの作成に世界初となるトップビューカメラ搭載のFEMTO LDV(通称ダヴィンチ/Ziemer社製)と屈折矯正には多くの実績を残しているエキシマレーザー(コンディションメーター付設)を使用しています。

従来型のFEMTO LDVでは、レーザー照射前にカメラでフラップの位置を確認してレーザー照射を行うことが出来ませんでしたが、品川近視クリニックで使用している最新のFEMTO LDVは施術中も患者様の眼を確認しながらフラップを作成することが出来るので安全で質の高い治療が可能です。

※トップビューカメラはFEMTO LDVを使用する上では大変重要なシステムです。



home 品川近視クリニック


エネルギー量

ga02.gif

フラップ作成時の照射エネルギーがイントラレースレーザーよりも小さく、照射時間が短いのが特徴です。また、角膜切開面が非常にキレイに仕上がり、術後の炎症も少なく、術後に眩しくなる症状が出る確率が低いというメリットもあります。


home 品川近視クリニック


組織ダメージ

spot.gif

home 品川近視クリニック


照射隙間

scan.gif

home 品川近視クリニック


特徴1

フラップ作成後、部屋を移動せずにそのままエキシマレーザーの照射行程に入れますので、施術時間が短縮され眼への負担が少なくなりました。

home 品川近視クリニック


特徴2

ga003.jpg

最新型の機器ではトップビューカメラが付いているので、施術中も患者様の眼を操作画面上で確認しながらフラップを作成することができ、更に安全性が向上しました。


home 品川近視クリニック


特徴3

役職ドクターが施術を担当いたします。また、万が一トラブルがあった場合も役職ドクターが診察にあたりますので、施術だけでなく術後のケアの部分においても安心して受けて頂けます。

cate02.gif

ga04_20091214192427.jpg
品川プレミアムZレーシックでは、屈折矯正に多くの実績を残している「エキシマレーザー(コンディションメーター付設)」を使用しています。軽度近視の方であれば照射時間はわずか数秒で済み、眼への負担が大幅に軽減され、施術の精度・安全性が高まりました。



home 品川近視クリニック


安定したレーザー照射を実現したコンディションメーター


屈折矯正を行うエキシマレーザーは、大変緻密で1/1000ミリ単位で角膜を削るので、湿度が変化すると切除量も変化して、仕上がりに影響がでます。 品川近視クリニックでは、コンディションメーターによりレーザー出力周辺部を常時管理することで、安定したレーザー照射を実現しています。

eye_01.jpg
①点眼麻酔

検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。


eye_02.jpg
②フラップの作成

開眼器でまぶたを開きフェムトセカンドレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。


eye_03.jpg
③屈折矯正

フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

eye_04.jpg
④消毒

フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして施術は終了です。


eye_05.gif
⑤施術後

状態が安定するまで15分程度回復室で休み、その後の診察で問題がなければ、そのまま帰宅できます。

※横浜では行っていません。

home 品川近視クリニック


cate06_20091214194716.gif

品川近視クリニックでは、より安全で質の高い施術をお客様にご提供するため、Zレーシックとイントラレーシックとの違いをメーカーの協力のもと検証し、Zレーシックの方がイントラレーシックに比べ、より安全で質の高い施術だという結果が出ました。

検証結果については公式サイトに詳しく解説されてありますので、ご確認ください。

bluearrow 品川近視クリニック

cate03_20091214193935.gif

品川近視クリニックにはZiemer社が認定した眼科専門医が在籍しています。
ninteishou2.jpg
Zレーシック臨床アドバイザー認定証
ninteishou-shidoui.jpg
Zレーシック指導医認定証


cate05_20091214194624.gif

アメリカ眼科学会のZレーシックシンポジウムにて、ジーマー社CEOジーマー氏より、 Zレーシック症例数世界一を受賞しました。
award_ga01.jpg award_ga02.jpg
cate04.gif

zlasik_douga.png

zレーシックについての詳しい解説動画がアップされています。
解説には通常のイントラレーシックとzレーシックの違いが分かりやすく説明されていますので、 公式サイトにてご確認ください。

品川近視クリニック の公式サイト




home 品川近視クリニック



品川近視クリニックのイントラレーシック 編集

品川トリプルRプレミアムイントラレーシック-品川近視クリニック【イントラレーシック】

ドクター・機器・設備・コストパフォーマンス全てにおいて最高のものを取り入れた最高級のイントラレーシック

ga04_20091214192427.jpg
品川トリプルアールプレミアムイントラレーシックは、フラップの作成に最新型の「イントラレースレーザー(誤差調整マイクロシステム付設)」を使用し、屈折矯正には多くの実績を残している「エキシマレーザー(コンディションメーター付設)」を使用しています。

また、施術を行なうドクターは1万症例を超える経験豊富なドクターが中心となってチームを編成し担当します。

世界トップクラスの症例データと経験、技術、知識を基に独自に完成させた施術システムの確立により、安心して施術を受けて頂ける理想的な環境を実現しています。


home 品川近視クリニック


ca1.gif
レーシックは、ただ施術を受けるだけでいいというものではなく、術後のケアが大切です。品川近視クリニックでは翌日・1週間後・3ヶ月後の定期健診の他、患者様に安心して施術を受けて頂けるように12年間の長期保証制度を設けています。

ca2.gif
イントラレースレーザーは、世界的に非常に高い評価を得ているフラップを作成する為のレーザーです。しかしその優秀なレーザーを使用しても、患者様ひとり一人に使用する器具のわずかな誤差により、作成するフラップの厚さに誤差が生じる場合があり、施術の結果に大きな影響を与える可能性があります。そこででは、フラップ作成時に生じるわずかな誤差を誤差調整マイクロシステムの導入により極限にまで無くすことに成功し、詳細な検査データに基づいた設定値通りのフラップ作成を可能にしています。

ca07.gif
品川トリプルアールプレミアムイントラレーシックは、1万症例以上の経験を有するドクター陣が中心となってチームを編成し、施術を担当しています(福岡を除く)。また、万が一トラブルがあった場合は役職ドクターが診察にあたりますので、施術だけでなく術後のケアの部分においても安心して受けられるでしょう。

ca4.gif
屈折矯正を行うエキシマレーザーは、大変緻密で1/1000ミリ単位で角膜を削るので、湿度が変化すると切除量も変化して、仕上がりに影響がでます。 品川近視クリニックでは、コンディションメーターによりレーザー出力周辺部を常時管理することで、安定したレーザー照射を実現しています。

home 品川近視クリニック


eye_01.jpg
①点眼麻酔

検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。



eye_02.jpg
②フラップの作成

イントラレーザー室へ移動して、開眼器でまぶたを開きイントラレースレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。

eye_03.jpg
③屈折矯正

エキシマレーザー室へ移動して、フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

eye_04.jpg
④消毒

フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして施術は終了です。



eye_05.gif
⑤施術後

状態が安定するまで15分程度回復室で休み、その後の診察で問題がなければ、そのまま帰宅できます。

home 品川近視クリニック




認定証

品川近視クリニックのドクターはイントラレースの公認ドクターとして認められています。また、日本で唯一のAMOイントラレース指導認定医・WaveLight指導認定医が在籍してます。
150_shidoui_nintei01.jpg
INTRALASE
認定証
150nintei_ga01.jpg
AMOイントラレース
指導医認定証
150nintei_ga02.jpg
WaveLight
指導医認定証

home 品川近視クリニック


品川近視クリニックのイントラレーシック 編集

アイレーシック-品川近視クリニック【イントラレーシック】

患者様一人ひとりの眼の状態に合わせたカスタムメイドのレーシック、アイレーシック(iLASIK)

アイレーシックとはフラップの作成から角膜の屈折矯正まで、患者様一人ひとりの眼の状態に合わせてカスタムメイドしたレーザー照射を行う視力回復治療です。

アイレーシック(iLASIK)

home 品川近視クリニック


イントラレースレーザーによる、均一かつ高性能なフラップ作成
ws_ga01.jpg

ウェイブスキャンは、アイレーシックを行なうのに必要な眼のデータ(角膜の形状など)を細かく解析する機械です。

人の目の形状は、指紋が人それぞれ異なるのと同じで、一人ひとり異なります。ウェイブスキャンは一人ひとりの角膜の歪みに合わせたオリジナルの照射プログラムを作成します。



vs_ca01.gif
il_ga01.jpg

アイレーシックでは、品川近視クリニックでも実績豊富なイントラレースレーザーを使用しています。従来のマイクロケラトームと呼ばれる刃物を使用した方法に比べ、安全性・安定性に大変優れている高精度医療用レーザーを使用します。


ws_ca01.gif
vs_ga01.jpg

アイレーシックでは、品川近視クリニックでも実績豊富なイントラレースレーザーを使用しています。従来のマイクロケラトームと呼ばれる刃物を使用した方法に比べ、安全性・安定性に大変優れている高精度医療用レーザーを使用します。


home 品川近視クリニック


アイレーシックの特徴

質の高い視力を実現

ga02.jpg

アイレーシックでは、その人に合った最適なレーザー照射プログラムをカスタムメイドすることで視力回復を行い、高次収差の増加を防ぎます。

※ 術後の視力は品川トリプルRプレミアムイントラレーシックとほぼ同じです。

米国国防総省とアメリカ国立航空宇宙局(NASA)が認めた視力回復治療

nasa-ga.jpg

米国国防総省のパイロットや国立航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士への使用が認められている精度の高い視力回復治療です。



home 品川近視クリニック


eye_01.jpg
①点眼麻酔

検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。



eye_02.jpg
②フラップの作成

開眼器でまぶたを開きイントラレースレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。



eye_03.jpg
③屈折矯正

フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。


eye_04.jpg
④消毒

フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして施術は終了です。



eye_05.gif
⑤施術後

状態が安定するまで15分程度回復室で休み、その後の診察で問題がなければ、そのまま帰宅できます。




※アイレーシックの施術は東京・大阪で行っています。

home 品川近視クリニック


品川近視クリニックのイントラレーシック 編集

コンベンショナルイントラレーシック-品川近視クリニック【イントラレーシック】

コンベンショナルイントラレーシックとは、アイレーシックで使用する「ビジックス スター S4 IR」のコンベンショナルモードを使用することにより、通常のレーシックよりも角膜を多く残せることがあります。その為、角膜の厚さが足りなく、これまでZレーシックやイントラレーシックが不適応と診断されていた方にお勧めの治療です。
また、他院でレーシック不適応と診断された方も是非ご相談ください。

コンベンショナルイントラレーシックは角膜を通常のアイレーシックより残せますが、アイレーシック、Zレーシック、アマリスZレーシック、品川トリプルRプレミアムイントラレーシックに比べて夜間のハロー、グレアや不正乱視の発生率が上がります。
※ハロー、グレア、不正乱視の発生率は個人差があります。


home 品川近視クリニック


ca01.gif
ga01.gif

フラップの作成にイントラレースレーザーを使用するので、均一の薄さのフラップを作成することができ、シワやズレが起こりにくい安定したフラップが作成できます。

また、マイクロケラトームのような刃物を使用しない為、感染症の心配がほとんどありません。


ca02.gif
イントラレースレーザー

「ビジックス スター S4 IR」のコンベンショナルモードを使用することにより、角膜の削る量を抑えることができますので、Zレーシックやイントラレーシックが不適応と診断されていた方でも施術可能です。
コンベンショナルイントラレーシックはレーシック同様、術後の痛みがほとんどありません。

※術後の痛みは個人差があります。
※検査の結果によっては、ラゼックをお勧めする場合があります。




home 品川近視クリニック


eye_01.jpg
①点眼麻酔

検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。



eye_02.jpg
②フラップの作成

開眼器でまぶたを開きイントラレースレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。



eye_03.jpg
③屈折矯正

フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。


eye_04.jpg
④消毒

フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして施術は終了です。



eye_05.gif
⑤施術後

状態が安定するまで15分程度回復室で休み、その後の診察で問題がなければ、そのまま帰宅できます。



※コンベンショナルイントラレーシックの施術は東京・大阪で行っています。

home 品川近視クリニック


品川近視クリニックのイントラレーシック 編集

プレミアムイントラレーシック-品川近視クリニック【イントラレーシック】

品川近視クリニックのプレミアムイントラレーシックとは?

これまでのレーシックよりもさらに効果と安全性が高まったレーシックが「プレミアムイントラレーシック」です。プレミアムイントラレーシックではフラップの作成から角膜の屈折矯正までをコンピューター制御された安全性の高い視力矯正施術です。
※40歳以上の方は受けられません。また、近視・乱視が強い方、角膜厚不足の方は他の施術をお勧めする場合があります

品川近視クリニックでは12年間の長期保証制度や1万症例以上の経験を有するドクター陣が中心となってチームを編成し、施術を担当する「品川トリプルアールプレミアムイントラレーシック」も行なっています。「プレミアムイントラレーシック」よりも更に効果や安全性が高まったお勧めの屈折矯正治療です。


home 品川近視クリニック


プレミアムイントラレーシックの特徴
triangle0206.gif特徴1 
レーシックに比べ施術時間が短く、眼への負担も非常に少なくなりました。また、副作用や術後の感染症の心配もありません。
triangle0206.gif特徴2 
イントラレースの導入により、レーシックで治療できないような強度近視の方でも治療することが可能です。
triangle0206.gif特徴3 
施術室は高性能フィルターで除塵・除菌されたクリーンルームで行ないます。
eye_01.jpg
①点眼麻酔

検査データをもとに診察を行い、問題がなければ点眼麻酔を行います。



eye_02.jpg
②フラップの作成

開眼器でまぶたを開きイントラレースレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。


eye_03.jpg
③屈折矯正

エキシマレーザー室へ移動してフラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

eye_04.jpg
④消毒

フラップをもとの位置に丁寧に戻します。点眼をして施術は終了です。



eye_05.gif
⑤施術後

状態が安定するまで15分程度回復室で休み、その後の診察で問題がなければ、そのまま帰宅できます。


home 品川近視クリニック


認定証

品川近視クリニックのドクターはイントラレースの公認ドクターとして認められています。また、日本で唯一のAMOイントラレース指導認定医・WaveLight指導認定医が在籍してます。
150_shidoui_nintei01.jpg
INTRALASE
認定証
150nintei_ga01.jpg
AMOイントラレース
指導医認定証
150nintei_ga02.jpg
WaveLight
指導医認定証

home 品川近視クリニック


品川近視クリニックのイントラレーシック 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。