イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


【北海道】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【青森県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岩手県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【秋田県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山形県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【栃木県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【茨城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【群馬県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【埼玉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【千葉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【東京都】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【神奈川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【新潟県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長野県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山梨県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【静岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【富山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岐阜県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【石川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福井県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【滋賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【三重県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【京都府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【奈良県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【和歌山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【兵庫県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大阪府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鳥取県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岡山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【島根県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【広島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山口県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【香川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【徳島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛媛県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【高知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大分県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【熊本県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【佐賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鹿児島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【沖縄県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

イントラレーシック【Intra-LASIK】とは?

イントラレーシック(Intra LASIK)とは、角膜にフタ状のフラップと呼ばれる部分を作成する際に、高精度な医療用レーザー(イントラレースFSレーザー)を使用するレーシックのことです。

イントラレーシックと通常のレーシックの一番の違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にあります。

レーシックとイントラレーシックの違いとはレーシックはマイクロケラトームというカンナのような器具で、イントラレーシックはレーザーでフラップを作成することです。

上の図をみてお分かりのように、通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成します。
このマイクロケラトームによる作成では、フラップの断面がカンナの往復運動のために多少でこぼこ状態になったり、ヒンジと呼ばれるフラップの繋ぎ目が斜めになったりすることが避けられません。
そのため、フラップのずれやシワの原因になったりということがありました。

一方、イントラレーシックは、コンピュータ制御によるフラップ作成を取り入れているので、切開面も非常に滑らかで、ヒンジの部分も綺麗です。つまり、仕上がりが期待できるといわれています。
その上、フラップが均一にできるので強度を高めることも期待できます。

本田圭佑 レーシック

イントラレーシックにおいては通常のレーシックにくらべて、さらにフラップを薄く正確に作成することができるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となります。

レーシックとイントラレーシックの違いを追求すると様々なことがあげられますが、そのなかでも決定的なのはフラップのめくり方が違うことです。

さて、ここで従来のレーシック(ケラトームレーシック)とこれから主流となりつつあるイントラレーシックの一番大きな違いを理解したところで、イントラレーシックについて深く探ってゆきましょう。

スポンサーサイト
イントラレーシックとは 編集

時代はイントラレーシック

レーシック(マイクロケラトーム)が始まっておおよそ10年が経過しました。その後イントラレーシック普及へと続いていったわけですが、始まった当初こそイントラレーザーの安全性に対する疑問の声もありました。しかし、各クリニックがイントラレーシックを軒並み取り入れはじめたことにより、 十分な実績が残されてきました。
各クリニックのサイトをご覧になると瞬時に実感されるとおもいますが、 現在ではレーシックといえば、『イントラレーシック』が主流となってきています。

ここにほんの2.3年前の神戸クリニック のサイトにあった文章があります。この頃は他院がどんどんイントラレーシックを取り入れてゆく中、神戸クリニックのレーシックといえばマイクロケラトームのレーシックでした。次世代のレーシックと呼ばれながらも、直ぐにイントラレーシックで視力矯正を!とはいかなかったようです。
この頃の神戸クリニック のイントラレーシックに関する見解はとても興味深いものなので掲載したいと思います。

そんな神戸クリニック も現在では、最先端のアイレーシック(iLASIK)の国内実績がNo.1のイントラレーシックのリーダー的存在の人気クリニックです。

神戸クリニック では、現段階においてイントラレーシックの導入を見合わせ、10年以上の実績と安全性が認められたマイクロケラトームを使用したレーシックを中心に行っています。
イントラレーシックのメリットも十分認識しており、いい結果が出るのであれば、それは望ましいことです。
ただ、現時点でアメリカでの普及率もまだ18%程度(※)にすぎず、どのような合併症が起きてしまうのか明確ではないうえ、視力がまた戻った時に再手術をするのが非常に難しいという報告も受けています。 よって、神戸クリニックでは、アメリカでの普及率が60%程度に達し、起こりうる症状や対処方法の事例の報告を受けてから導入を検討する考えです。

一生使い続ける大切な眼、たった1回の手術です。あなたならどちらを選びますか?
私自身が今の時点で手術を受けるなら、迷うことなくマイクロケラトームによるレーシックを選びます。

また、神戸クリニック では昨年の6月より、限りなく薄いフラップが作成できるエピレーシックを導入しております。
エピケラトームと呼ばれる新しい器機によって、イントラレーシックよりさらに薄く安全に剥離することが可能です。
アメリカでは、日本の厚生労働省に当たるFDA(アメリカ食品医薬品局)が、今から10年も前の1995年にレーザーに よる視力矯正方法を認可しました。 現在でも毎年、年間100万件以上のレーザー視力矯正実績があり、文字通りの世界一の医療レーザー先進国がアメリカです。
そのアメリカ最新現地レポートを交え、イントラレーシックの神戸クリニック の見解についてお伝えいたします。

医療レーザーによる視力回復がアメリカに継ぎヨーロッパそして日本・韓国・中国・台湾・タイ等のアジア諸国でも急速に発展しています。視力回復をより正確で安全に行うために生まれたイントラレーシックの発展に今後の期待が持たれています。
神戸クリニックでは、医療レーザー先進国アメリカの医師や米国眼科学会からのデーターを常に分析し、最良の医療提供を目指しています。 イントラレーシックにおいては、アメリカでも医師により異なる判断がなされており、術後の合併症のデーターを慎重に分析している段階です。

〔2005年頃?の神戸クリニック のホームページより〕
レーシック 神戸
というわけで、これをご覧になればいかに速いスピードでイントラレーシックが普及されてきたのかが 分かると思います。

イントラレーシックとは 編集

フラップの違い

マイクロケラトームという金属刃と精密なレーザー照射によるフラップ作成の上で生じる違いについてみてみましょう。

従来のマイクロケラトームによるレーシックでは、均一な厚みのフラップを作ることが出来ません。そのため、フラップを作った事による不正乱視が術後に生じ、手術後の見え方の質の低下が起こります。また、フラップの切断面が斜めになってしまい、微小な段差ができてしまいます。まばたきを繰り返した場合、その段差が引き金となり、フラップのズレやシワが発生する恐れがありました。

イントラレーシックのフラップはコンピューター制御されたレーザーによって、マイクロケラトームよりもはるかに滑らかな面で、正確な厚さにすることができます。フラップは薄いほど角膜の安定や矯正に有利なのです。

マイクロケラトームで作成したレーシックのフラップは130~160μmですが、イントラレーシックでは100μmまで薄くすることが可能なので、角膜ベッドが厚く残せ、その分だけ矯正できる度数に余裕ができます。

また、イントラレーシックのフラップのエッジは直角で、マンホールのような形状です。
そのため、ズレやシワが起こりにくい、非常に安定したフラップを得ることが出来るのです。

img_tre_intra_flap1.gif

img_tre_intra_flap2.gif
フラップの図参考:銀座スポーツクリニック

■微調整が可能なイントラレーシックでオーダーメイドのフラップを!

flap_ordermade.jpg
これまでのマイクロケラトームによるフラップ作成のレーシックでは、金属刃の大きさが固定なので、刃のサイズに合わせたフラップしか作ることができません。一方、コンピュータ制御によるイントラレーシックでは、手術中にモニターを見つつ、目の大きさを確認しながら、0.1ミリ単位でフラップの大きさや位置を微調整し、一人一人に合わせたオーダーメイドのフラップを作成することが出来ます。


イントラレーシックとは 編集

角膜が薄い、レーシックは不可能 ⇒ イントラレーシックを検討すべし

角膜が薄いということが原因でレーシック手術を受けられないといわれた場合は、イントラレーシックを検討してみることをオススメします。 角膜が薄いためにレーシックが適応外でありながら、イントラレーシックが適応するケースとはどのような場合なのか見てみましょう。


日本人の角膜は平均で520~540μm(マイクロメートル)の厚といわれています。この、角膜の厚さには個人差があり、レーシックを受ける前の検査で計ってもらいます。

例えば、下記は角膜が500μmの厚さで角膜が薄い場合です。 この時さらに-10Dの近視があると、切除の深さが120μmとなり、角膜ベッドが薄すぎて従来のレーシックができません。しかし、イントラレーシックを選択すればフラップが100μmと薄いため、角膜ベッドが280μmとなり、治療可能となります。

角膜ベッド(角膜実質層)の厚さが280μmを下回ると、コントラスト感度の低下など、薄すぎることによる問題が発生すると考えられているので注意が必要です。

■角膜が500マイクロメートルの厚さで-10Dの近視の場合




フラップ 切除 角膜ベッド 治療
イントラレーシック 100μm 120μm 280μm
レーシック 160μm 120μm 220μm 不可



■角膜ベッド比較(正常な角膜厚の場合)
エキシマレーザーで140μm切除すると、イントラレーシックは310μmの角膜ベッドを確保することができます。


残せる角膜ベッド厚さはより厚いに越したことはありません。手術後に再び近視が現れたり、一度の手術で満足な結果が得られない場合に、再手術を施すためにもできるだけ厚く残すことが望ましいとされています。

レーシックとイントラレーシックの角膜ベッドの厚さの違い

イントラレーシックとは 編集

レーシックとイントラレーシックを比較-①手術

レーシックとイントラレーシックの手術の違いを比較
フラップの作成方法
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
イントラレーシック

イントラレーシックでは、コンピューター制御されたレーザーにより、正確に均一なフラップを作成するので、 不正乱視が起きにくく、手術後に見え方の質の低下も起こりません。
ケラトームレーシック

通常のレーシックではステンレス製の金属刃を装備したマイクロケラトームでフラップを作成しますが、 それではかなり熟練したの執刀医でさえも完全に均一な厚みのフラップを作ることが出来ません。
そのため、フラップを作った事による不正乱視が術後に生じ、手術後の見え方の質の低下が起こる可能性が 高くなります。

また、金属刃を往復運動させて切り進むマイクロケラトームの精度には限界があり、フラップ面に微小なスジが残ります。
フラップのカスタマイズ性
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
イントラレーシックでは、手術中にモニターを見ながら、患者の目の大きさを確認しながら、0.1ミリ単位でフラップの大きさや位置を微調整し、一人一人に合わせた オーダーメイドのフラップを作成することが可能です。 マイクロケラトームを使った通常のレーシックでは、金属刃の大きさが決まっていますので、刃のサイズに合わせたフラップしか作ることができません。
フラップ強度
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
コンピューター制御されたイントラレーザーによりフラップを作成するためフラップ辺縁の切断面が直角であり、ぴったりと元の位置に戻るため、シワやズレが起こりにくく より強度のあるフラップが出来ます。 フラップの切断面が斜めになってしまい、微小な段差ができてしまいます。まばたきを繰り返した場合、その段差が引き金となり、フラップのズレやシワが発生する恐れがありました。
角膜による条件
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
イントラレーシックでは従来のマイクロケラトームによるレーシックよりも角膜を多く保存することが可能なので、元々角膜が薄い人もさらに多く手術を受けることが可能になりました。

また、フラップは薄ければ薄いほど残りの角膜(角膜実質厚)が厚く残り、そのため屈折調整の際にを深く削ることができます。
したがってイントラレーシックは深く削る必要のある強度の視力の矯正にもより向いていることになります。
マイクロケラトームにより作成するフラップはイントラレーシックよりも厚いため、フラップが薄めの方や重い近視の方は適応外となることがあります。
執刀医に求められる経験
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
角膜の切り取りをコンピューター制御されたイントラレーザーによって行うことで正確フラップ作成が可能になったため、 従来のマイクロケラトームによるレーシックほど執刀医の手術経験数や技量に左右されません。 手術経験数が多く、十分に熟練した眼科医が適切なマイクロケラトームを使用した上で フラップを作成した場合にはイントラレーザーに劣らない仕上がりになります。 しかし、実際にはマイクロケラトームでのフラップ作成にはかなりの熟練を要すため、過去には未熟な執刀医の元で、 フラップに穴が開いたり、よれたりしてしまうトラブルがあったようです。

イントラレーシックとは 編集

レーシックとイントラレーシックを比較-②術後の比較

レーシックとイントラレーシックの術後の違いを比較
手術後の裸眼視力の比較
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
手術から3か月後に1.0まで視力が回復する割合は、イントラレーシック(Femtosecond)では95%、1.5まで視力が回復する割合 は43%となっており、従来のレーシックの約1.5倍の差があります。
このことから手術後の結果が良いのは、イントラレーシック(intra LASIK)であることが分かります。
手術から3か月後に1.0まで視力が回復する割合は、マイクロケラトーム(Mechanical)では94%、 1.5まで視力が回復する割合では29%とイントラレーシックと比較して低いデータになっています。

神戸クリニック サイト内のデータより
視力回復時間の比較
ここに手術翌日から3ヶ月後にかけて、裸眼視力が1.0まで回復している患者様の割合を、 イントラレースとマイクロケラトームでフラップを作成した場合とで比較を行ったデータの報告があります。
【米国白内障・屈折手術会議2009の報告より】
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
視力回復時間の比較-イントラレーシック
イントラレースでフラップの作成を行った場合は、マイクロケラトームと比べて手術後の視力の回復が早いです。
視力回復時間の比較-ケラトームレーシック
マイクロケラトームでフラップの作成を行った場合は、イントラレースと比べて手術後の視力の回復が遅いです。
再手術の割合と再手術後回復力の比較
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
イントラレーシックのほうがレーシックよりも 度数が重い方が多いのですが、再手術の割合は低くなっています。
(イントラレーシックで2.3%、レーシックで3.7%-)

再手術をしたからと言って必ず1.0位の視力になると限りませんが、イントラレーシックでは 再手術後に平均裸眼視力が片目1.01、両眼では 1.04に回復しています。マイナス10Dを超える最強度禁止の場合でも、 裸眼で生活できる0.5以上の視力には94.8%まで回復しています。

(近視レーザー手術ガイドブック 2008年版 錦糸眼科 院長 矢作 徹著より)
データはひとつの結果に過ぎませんが、 イントラレーシックで2.3%、レーシックで3.7%ということからも分かるように、再手術の割合は 若干イントラレーシックよりも高いようです。


本田圭佑がレーシックした病院

イントラレーシックとは 編集

レーシックとイントラレーシックを比較-③合併症・後遺症

レーシックとイントラレーシックの合併症・後遺症の違いを比較
感染症の比較
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
イントラレーシックの施術では、マイクロケラトームのように直接角膜に触れる器具ではなく、 レーザーを使ってフラップを作成する点で安心ということが言えます。 イントラレースでフラップ作成時の合併症が起こる割合は、マイクロケラトームと比較して約1/10ということが分かっています。 とはいえ、物理的に眼球に接するものとして特殊ガラスなどがあるので、完全にリスク回避するには完璧な滅菌に かかっています。 金属刃を使うので、当然イントラレーシックよりも感染症のリスクは高くなります。
従来のレーシックでは金属刃の使い回しにより、不完全な消毒により感染症を発生させてしまうことがありました。
現在でのレーシック手術は、マイクロケラトームは使い捨てが主流となっていますので、感染症のリスクは少なくなっています。
ドライアイの比較
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
データ上、イントラレーシックは従来のレーシックに比べてドライアイになる確率が低いと言われています。
しかしあくまでも個人差が優先する傾向にあり、どちらが良い悪いは一概には言えません。
レーシックはフラップが厚く、一時的に神経枝を切断して知覚神経を低下させるためドライアイになりやすいです。
ハロー現象の比較
※暗い場所で光の周囲がにじんでコントラストが低下して見える状態
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
イントラレーシックではハロは非常に少なくなります。 マイクロケラトームを用いた従来のレーシックの場合、強度近視の矯正後などに起こる場合が多いです。マイクロケラトームによって起こる微小な筋が光の回折現象を起こし、 ハロの原因になる場合もあります。しかし、ハロは時間と共に徐徐に消えてゆきます。
フラップ不良の比較
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
イントラレーシックでもフラップ不良は起こりえますが、従来のレーシックと比較すると 皆無に近いです。 性能の悪いマイクロケラトームや未熟な執刀医が原因でフラップ不良が起こる場合があります。
例えば、フラップ作成に時間がかかりすぎて中央がぬけるボタンホールフラップや、 吸引不良のままヘッドを進めたことによりフラップが切り取られてしまうフリーフラップが フラップ不良の代表的なものです。
サハラ砂漠症候群 の比較
※サハラ砂漠症候群は手術後のフラップ面に原因不明の斑状や砂状の混濁が生じる
イントラレーシック(新) 従来のレーシック(古)
イントラレーシックではサハラ砂漠症候群の発生は殆どないです。 発生率は低く0.03%ですが、稀に起こります。
角膜に特有な歪みが生じ、遠視や不正乱視の原因になります。


イントラレーシックとは 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。