イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


【北海道】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【青森県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岩手県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【秋田県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山形県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【栃木県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【茨城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【群馬県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【埼玉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【千葉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【東京都】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【神奈川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【新潟県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長野県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山梨県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【静岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【富山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岐阜県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【石川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福井県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【滋賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【三重県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【京都府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【奈良県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【和歌山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【兵庫県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大阪府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鳥取県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岡山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【島根県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【広島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山口県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【香川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【徳島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛媛県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【高知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大分県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【熊本県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【佐賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鹿児島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【沖縄県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

見えない世界にさようなら

中学の受験時期に突然目が悪くなり、それからついに今日という日まで、20年という長きにわたり、近視と付き合ってきたが、あと十数時間でお別れだ。

昨夜、映画館で映画を見ているときも、「あの字幕が本当に裸眼で見えるようになるのか?」となんども頭をよぎり、ストーリーに集中することができなかった。

時折メガネをずらし、すべてのものがぼんやりしている世界を、ある意味名残惜しく、味わったりしていた。

私は運悪く、コンタクトレンズ装用が体質的に向いていないのか、コンタクトレンズの異物感が気になり、どうしても・・という時以外は、仕方なく眼鏡をかけ続けてきた。

すでに裸眼暦よりメガネ暦の方が長くなり、私のことを説明するときには「あー、そうそう、あのメガネの人・・」と他人が私を語る上で、特徴の一つとして捕らえられていた。

だから、「○○さん(私)」といえば、メガネをかけた私の姿が頭に思い浮かぶに違いない。
すでにメガネは私の外観にすっかり溶け込んでいるのだ。

しかし、実際眼鏡というものは、私にとって実に煩わしい代物であった。
今でこそ、「メガネ萌え~」など、ファッション性を求め、自ら進んでメガネをかけたりするのがはやっているようだが、私には全くもって理解できない。

私はもともと運動が得意である。
野球・サッカー・水泳・バスケ・バレーボール、・・・なんでもそこそこの成績を上げてきた。
しかも、メガネありで。
もしこれが裸眼だったら、そのレベルをさらに底上げできたに違いない。

言い訳がましく聞こえるかもしれないが、これは全く大げさではなくて、メガネをかけて物事に集中するということはそのくらい難しいということである。

裸眼でのびのびと運動できる人をみて、大変うらやましく思ったものである。

運動以外にも近視であるがゆえにいままで苦労してきたことを書き並べてみると・・・
何はさておき、ファッション性の問題。
メガネを掛けているだけで、「こいつはガリ勉タイプ」と自動的に烙印を押されたことがある。

風呂にはいるとき、水泳をするとき。
水につかるときはメガネをはずす。これは本当に不便。しかも危険である。

熱いものを食すとメガネが曇る。

目が疲れやすい。圧迫感がある。

金がかかる。






自分は本当に眼鏡とは相性が合わなかったと思う。
眼鏡を掛けている人が、「本当にイヤになるよ。この眼鏡どうにかならないかな~?」と愚痴るのを聞いたことがない。なんの問題もなく素直に眼鏡を受け入れているようにみえた。

そしてそれがまた、自分のイライラに拍車を掛けた。

まあ、この話はいい。
あと数時間でこの生活ともオサラバなのだから・・

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

スポンサーサイト
イントラレーシック体験談 編集

いざクリニックへ

手術当日は比較的落ち着いて迎えることができた。
昨夜と同じく「このぼんやりした視界もあと2.3時間後には・・・」と思うと、気持ちが大きくなったりした。

手術1時間前にクリニックに来るように指示があったので、そのように車を手配。
車とは、友人の車だ。

検査などは電車で行ってたのだが、やはり帰りが心配なので、友人に送り迎えをお願いした。
当日は車の運転は控えるようにという注意があったが、自分としては電車でも心配だったのだ。

「痛みは無い」というのが、近視矯正手術の特長でもあり、何度も何度も聞いていた。
しかし、「目の手術」である。手術が痛くないはずは無い・・という思いは最後の最後まで消えなかった。

クリニックの近くまできて、友人とは別れる。
手術が終わったらまた連絡を入れることになった。

クリニックに入り、まずしたことは、手術承諾書にサイン。
「何があっても、異議を申し立てることはしない」というくだり、やはりあったか・・。
う~ん、これって本当に責任は一切とらないということなのか??
明らかな過失であっても??こうやって、成文化されると一瞬たじろぐ。

レーシックなど近視矯正手術はまだ歴史が浅いため、予後についての情報が十分ではなく、そのためもあって「本当に、本当に大丈夫なのか?」という不安は手術をするまで、いや、手術後も心の片隅でずっと続いてゆくのかもしれない。

しかし、自分はもうどうしても眼鏡生活を終えたかったので、「大丈夫!」というほうに賭けることにする。
この予後の情報が確立されたらさらに安心して手術を受ける人が増えるであろう。

次に手短に支払い。
自分にとってかなりの高額。高額自体は喜ばしいことではないが、クレジットカードで高額を落とせばポイントは溜まるは、マイレージも同時に溜まるはよいこともあるものだ。
ここは迷うことなく、クレジットカードで。

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

イントラレーシック体験談 編集

近視矯正手術体験記~序章

事務的なことを終え、手術への第一歩、診察。
これはほんのすこし目の状態を診察する程度で、別段仰々しいものではなかった。

実はこの段階が自分にとって一番緊張していた時間ではないかと思う。 自分は手術というものを一切受けたことが無い。さらに、目という、これまた想像を絶する部分の手術となるといろいろ勝手な想像も膨らんでしまい、もう、緊張は最高潮。

あまりに緊張しすぎて、それが伝わってしまったのか、

「大丈夫ですか?心配ないですよ。」とやさしく声をかけてもらった。

しかし、もう言われるがまま。なすがまま。

「トイレへ行け」と言われれば、行き、「手術着を着ろ」と言われれば、そのとおりにする。

完全にロボット状態である。

緊張は最高潮だったが、看護師の説明はこの上なく真剣に聞いた。

このクリニックは(他のクリニックは違うかもしれないが)「フラップを作る手術室」と「レーザーを照射する手術室」が別であるということ。
なので、移動は歩きであるということ。返事は頭を動かさずにすること、など。

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

イントラレーシック体験談 編集

近視矯正手術体験記~手術突入(フラップ作成)

まずはフラップ作成。ひんやりとした手術室に通される。
数人の人に迎えられ、さらに緊張は高まる。

少し、冷静になってまわりを見渡すと、自分が思い描いていたような手術室ではない。
歯科医院にあるようなリクライニングの椅子が目についた。

「あ、ここでやるのか。」

そう思ったとたん、少し緊張が解けた。『手術』というイメージが崩れたからだ。
そういえば、今自分が着ている手術服も私服の上に重ねてきてるだけだし、切ったり貼ったりという手術でないことを再認識した。

(あくまで私のイメージで、手術はどれも高い技術を必要とし、程度の差こそあれ、危険を伴うのは当然だが)

その椅子に座ると、リクライニングされ、頭を固定。
右目から開始である。まずはテープで固定した後に目薬(麻酔?)をさされる。
その後、いろいろなサイトの体験記を読んで知っていた、『目をグワーッ』と開かれる器具で目を固定される。これは、文字通り『グワーッ』である。こんなに開いて大丈夫なのか、少し不安になるくらい、思いっきり開かれた。こんなに開くことはこの先一生涯無いであろう。

いよいよフラップを作成の瞬間である。

「フラップ=黒目の上の皮をうすーく剥く」という状態を想像すると、ますます恐ろしくなってきた。
ここは、想像力を働かせないほうが無難だ。

実際どういうことが起こったかというと、なにかの物体を眼球に押し当てられ、強い圧迫感を感じた。
圧迫感とともに目の前が暗くなる。これも事前に説明を聞いていたとおり。

特にどうこうするでもなく、そのままじっとしている。この段階で圧迫による痛みを感じるかもしれないと説明を受けていたが、痛みというほどではなく、あくまでも「かなり強い圧迫」であった。

ほんの1~2分だと思う。いわゆるフラップ作成が終了。視界はボーっとした感じですりガラスをはめたよう。
よく広告にあるような「起き上がったらすでにクッキリ見えて驚きでした!」というものとは程遠かった。

当たり前である。まだ、フラップを作成しただけなのだから。

全く同じ手順で左目も施術。特に右目とおなじく痛みというほどではない。少し安心。

しかし、次は「レーザー照射」という手術最大の山場を迎える。。。

そのまま目を閉じて15分休むように支持があり、従う。
いわゆる「目にすごいことをした」という感じがあまりなく、確かに見えにくいものの、予想外の異変などが起きていないようで気分が少し落ち着いた。
ホっとしたのもつかの間、レーザー照射の部屋に行くとのことでお声がかかる。

あっという間の15分だった。

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

イントラレーシック体験談 編集

近視矯正手術体験記~手術山場(レーザー照射)

お声がかかったので、別室へいそいそ出かけようとするも、視界は悪く看護師の人に付き添ってもらう。
(このままなんてことはないよな。)と、縁起でもないことが、頭をかすめた。

しかし、これは逆に気持ちに余裕ができた証拠といってもいい。
レーザー照射なんて、聞くだけでも恐ろしいイベントが待っているとは思えないくらい、落ち着いていた。

やはり、フラップ作成で多少免疫ができたらしい。

部屋に入ってゆくと、横たわるように支持がある。そのとおりにすると、先ほどと同じく頭と目を固定し、目薬の投下。右目から開始らしい。

(いよいよか・・・)

「手術の間は緑の光をみてて下さいね」と声がかかる。


見ろと支持されれば、穴が開くくらいの勢いでジッと見る、見る、見る。
視線を動かすとこの上ない危険が待っているかのごとく、食い入る(気持ち的に)ように見る。

そのうち、「ンびゃくンじゅういち、ンびゃくンじゅうご・・・」とわけのわからない読み上げが始まった。
これも事前にネット上の体験談を読んで知っていたことである。
(これなのか・・)しかし、この数字は患者によって違うのだろうか、さらに、大きいほうがいいのか、小さいほうがいいのか??ナゾである。
気になったものの、あえて「なんの数字ですか?」という質問は控えておいた。

そのうち焦げ臭いにおいがしてきた。これも表現の差こそあれ、ネットで情報を仕入れていた通り。

事前に体験者の手記を読んでおくと、「あー、これね。」と納得できるので、気分的にも楽であった。

「今照射しています」という具体的なお知らせはなかったが、ビーという音と焦げ臭いにおいで「今だ」と確信できた。

「あと、○○秒・・」「10秒・・・」「終了」


どうも、ようやく終わった模様。

さあ、世紀の一瞬である。起き上がった瞬間から、眼前にはクリアな視界が・・・・

『・・・・・・無いじゃんorz。オイオイ、失敗かよ・・・』

とは思わなかった。広告の被験者のコメントでよくあるのが、「手術を終えた瞬間から突然クリアに見える!」というものだ。

しかし、私は実際にイントラレーシックをした人の"生の体験記"を読んでおいたのだ。

そこでは、大部分のコメントが、「霧がかかったような」とか「すりガラスを通して見ている」というものであり、決して「クリアにくっきりと」という表現ではなかった。

経験者の生の体験記は儲けの心抜きで、ありのまま率直に書かれているので、本当に頼りになると思った。
ここまでは、体験記とほぼ同じだ。

「じゃあ、現在この霧は今後どのような過程をたどり、どのくらいで晴れるのか??」

暗い部屋のリクライニングシートでそんなことをなんとなく考えながら、しばらく休養した。

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

イントラレーシック体験談 編集

近視矯正手術体験記~終局(手術直後)

その後診察、点眼を終え帰宅の途へ。
暇つぶしてくれていた友人に迎えに来てもらう。

彼も眼鏡常用者なので、近視矯正手術には興味があるらしく、車中根堀り葉堀りレーザー手術の感想を聞かれた。

しかし、「クッキリとは見えていない」と打ち明けたところ、少々彼の顔が曇り不安げな表情をした。「その場で一瞬にしてクッキリ!」を信じていた輩だったのだ。


ただ、ひとつ言えるのは、確かに霧がかかっているように見えはするものの、物自体は手術の裸眼に比べ格段に見えている。この事実は、よい方向に向かっている証拠に違いないと思わせた。

このクリニックでは手術当日は付き添いをつれてくることを勧めている。
この状態で車の運転はできないのは当然だが、人によっては人ごみですばやく歩くのは困難かもしれない。
さらに、この目を保護するための眼鏡。これがちょっとファッショナブルではなないのだ。
気にならない人はさておき、帰りだけでも、できるだけ車移動を手配したほうがよいであろう。

家に到着後は、すぐに目薬の確認をした。この目薬投与が実にめんどくさい。
普段から目薬を差す習慣が無いし、インターバルも1時間ごととかなり短い。
さらにそれは1種類ではない。

さて、この日は未だクッキリ見えるわけではないし、このような状態で何かをやるという気分にもならないので、早々に休むことにした。実際、痛みが出る場合もあるし、手術当日は早めに寝てしまうのが一番よいと聞いていたので、迷うことなくそうすことに。

私自身の目の具合は家に着いた以降も相変わらず霧がかかってはいるものの、痛みはほとんどないというか、まったく無いといってもいいくらいだった。

それでも、午後9時すぎという、普段では考えられないような時間に床についた。

寝ている最中目に直接物があたったり、こすったりしないように、目を保護するものを着用する。
見るからに通常の眼帯よりも頑丈にくっついているので、寝ているうちに取れたりという心配はなかった。こんなものをつけたまま眠ることができるのかという事のほうが、不安であったが、あっさりと眠りにつけた。

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

イントラレーシック体験談 編集

近視矯正手術体験記~予後(その後)

さて、手術後椅子から起き上がった後についで感動の瞬間が多いと思われる、術後翌日の目覚めの瞬間である。

大抵の体験記には『翌朝目覚めたとき、思わず習慣的にメガネを探していた』とか『目を開けたとき、コンタクトをはめたまま寝てしまった!と勘違いした』というような事が、感動と共に書かれている。

視力矯正手術をすれば、こんな毎日がまってますよ、という具合である。

私の場合は・・・というと、これはある意味本当だ。
細かい壁の傷なども確かに見える。手術前は絶対に見えてなかったものが見えるようになっていたのは確か。

しかし、見えるは見えるけど霧が完全には晴れていない。

とにかくこの時点で視力はどのくらい回復しているのか知りたくて、半ば急いて翌日検診に出かける。

霧が晴れていないので、あまり期待していなかったのだが、視力は左右共に1.0。
この具体的な数字を聞いたときはさすがに感動した。裸眼で見てこの視力が出た事自体、やはり信じがたかった。小学校以来のことであるのだから。

予想外のよい視力に舞い上がり、このかすんだ状態はいつまで続くのか?という質問をするのを完璧に忘れてしまっていた。

私に関して言えばこの後、順調に回復していったといってよいと思う。

実際、多少のハロ現象が出たのは事実である。夜間外出して車のライトがまぶしく感じた。
そして、今でもその症状はあるような気がする。気がするというのは、あまり気にならない程度か、もしくはこれが当たり前となれてしまったからだ。

視力について言うと、今では両眼とも1.2である。術後にの霧がかかった状態も今では全くない。

手術直後は、なかなか思うように1.0以上にならないとか、炎症を起こしていると言われたとか、ドライアイで苦労しているとか・・他人の手術体験記を読むとさまざまな症状に悩まされてる人が、実際存在していることも知っている。

しかし、そのような体験記も日を追って読み進めてゆくと、そのほとんどの人が手術直後のトラブルから徐々に開放されているように感じた。 中には思うように回復せず、再手術を検討しているというパターンもあったが・・

そして、それらの体験記の多くは視力矯正手術後特有の症状(トラブル)を併せて判断しても、手術をしてよかったという思いで結ばれているものが多いのだ。
(これは、手術するべきだと煽っているのではありません。体験記を読み私が感じたことです。)

私も幸運なことに満足行く結果を得た一人である。

ココまで読まれて、私と同じく満足行く結果を得たいと思われた方は、クリニックを十分研究し、吟味した上で納得し、手術に踏み切られてほしい。

--------------------------------------------------------------
イントラレーシックと決めてるなら、このこの3クリニックは常識!
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
--------------------------------------------------------------

イントラレーシック体験談 編集

大手クリニックに見るイントラレーシック/レーシック体験談特集(職業別)

レーシックなど視力矯正手術の体験談を読むと、レーシックを受けた人の職業にも目が行きます。

職業の中には、視力が悪いとなれないものや、資格取得に最低視力の基準を設けている ものが結構あることが分かります。

特に基準はなくとも、スポーツ選手のように眼鏡・コンタクトレンズのわずらわしさ から、集中力を欠いてしまうということは当然好ましくありません。

また、人から見られることが仕事の芸能人の方々の体験談も比較的多いです。

しかし、職業に関らず、一般の人々(会社員・主婦・学生など)の体験談こそ 私たちの参考になるような気がします。
どの体験談からも、裸眼の視力を取り戻したあふれんばかりの喜びがストレートに伝わってきます。 このような体験談を読むと、レーシックは特別な人だけのものではない・・と 確信することでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
錦糸眼科《イントラレーシック実施眼科》
[実施手術法]
イントラレーシック・レーシック・レーゼック (ラセック)

[体験談の職業]
レーシングドライバー・プロビリヤードプレーヤー・プロゴルファー・出版社・美容師・パーソナリティー・フライトアテンダント

[体験談のページ]
体験談から『大人気!タレント「オセロ」松嶋尚美さん』をはじめ体験談ページを読むことができます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
品川近視クリニック《イントラレーシック実施眼科》
[実施手術法]
スーパーイントラレーシック・エピレーシック・フェキックIOL・イントラ角膜リング

[体験談の職業]
プロゴルファー・モデル・格闘家・タレント・レーシングライダー・ プロサッカー選手・学生・調理師・フリーター・会社員・販売・受付・自営業

[体験談のページ]
品川近視クリニックの体験談はこちら



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
神奈川クリニック眼科《イントラレーシック実施眼科》

[実施手術法]
レーシック・イントラレーシック・ウェーブフロントレーシック・エピレーシック・LASEK・フレックスPRK・フェキックIOL

[体験談の職業]
プロスキーヤー ・レーシングドライバー ・ミュージシャン・テコンドー・プロ野球選手・トライアスロン・競輪選手・MTBプロバイシクルライダー・プロサーファー・プロフィッシャーマン・プロアングラー・モータージャーナリスト・舞台俳優・バレエダンサー・フリーアナウンサー ・デザイナー・薬剤師・自衛官・ダイバー・会社員・歯科医など

[体験談のページ]
神奈川クリニック眼科のイントラレーシック体験談

アイレーシック
ウェーブフロント・エクストラビュー
シンプルプラン
費用
キャンペーン



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
神戸クリニック《イントラレーシック実施眼科》
[実施手術法]
カスタムビューレーシック・レーシック・PRK・エピレーシック・フェイキックIOL

[体験談の職業]
タレント・俳優・野球評論家・野球解説者・レフリー・ラジオパーナリティ・プロサッカー選手・プロ野球選手・プロサーファー・総合格闘家・元プロバスケットボール選手・プロキックボクサー・プロスキーヤー・プロゴルファー・プロスノーボーダー・学生・会社員・消防士等

[体験談のページ]
神戸クリニックでレーシックを受けた方の体験談
あの芸能人も受けた!神戸クリニック レーシック体験談
神戸クリニック レーシックを受けたプロスポーツ選手や有名人の体験談はコチラ!

神戸クリニック スタッフブログ
北海道日本ハムファイターズ 梨田昌孝監督の神戸クリニック無料説明会 参加レポート
神戸クリニックは遠方からいらっしゃる方の交通費をサポートします
神戸クリニックの費用
全国の神戸クリニック所在地一覧



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
松原クリニック
[実施手術法]
レーシック・PRK・オルソケラトロジー

[体験談の職業]
ミュージシャン他

[体験談のページ]
松原クリニックの体験談はこちら



  

イントラレーシック体験談 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。