イントラレーシック実施眼科所在地 
北海道・札幌 | 東京 | 横浜 | 名古屋 | 神戸・三宮 | 大阪・梅田 | 北九州・小倉


無料説明会申込み 無料適応検査申込み

イントラレーシック (intra lasik) を探る

イントラレーシック (intra lasik) とレーシックの比較・体験談・視力矯正手術眼科検索


【北海道】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【青森県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岩手県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【秋田県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山形県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【栃木県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【茨城県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【群馬県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【埼玉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【千葉県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【東京都】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【神奈川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【新潟県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長野県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山梨県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【静岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【富山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岐阜県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【石川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福井県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【滋賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【三重県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【京都府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【奈良県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【和歌山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【兵庫県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大阪府】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鳥取県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【岡山県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【島根県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【広島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【山口県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【香川県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【徳島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【愛媛県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【高知県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【大分県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【宮崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【福岡県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【熊本県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【佐賀県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【長崎県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【鹿児島県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

【沖縄県】レーシック・イントラレーシック・視力矯正手術眼科一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 編集

イントラレーシック手術手順

イントラレーシック手術手順を簡単に説明すると以下のとおりです。


眼を洗浄したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。

開瞼器でまぶたを開いて固定し、イントラレースFSレーザーを照射します。

レーザーが一定の深さに作用して空隙をつくり、それが連なって平滑な面のフラップを作成します。

作成したフラップを開いて、コンチェルトなどの屈折矯正用エキシマレーザーを照射し、角膜の屈折力を調整します。

余分な水分や異物などは洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をしたあとに、フラップを元の位置に戻します。フラップは自然に接着されます。

開瞼したまま2分程度安静にしてから、目薬を点眼して終了です。

スポンサーサイト
イントラレーシック関連あれこれ 編集

賛成?反対?

以下は、そんなに遠くない昔に、 神戸クリニック ホームページでイントラレーシックに関する[アメリカで報告されたレポートの抜粋]を紹介していました。より具体的に肯否定の理由が述べられていました。(現在は神戸クリニックでもイントラレーシックを取り入れています。)

参考資料
Review of Ophthalmology、2004年10月
All About Vision

<イントラレーシック肯定派>
サウスダコタ州のトンプソン博士は通常角膜の厚さは500ミクロンから600ミクロンであるが、イントラレーシックを使用することにより、100ミクロンまでの薄い角膜のフラップを作成可能であることから角膜の薄い患者や角膜の平らな患者にも対応余地があるという。またイントラレーシックはフラップの切り口が直角型で厚くなることから、一般的なマイクロケラトームを使用したレーシックで作成されたフラップよりも、 ボタンホールや上皮のフラップ下迷入などの合併症の発生率を減少させることが可能と博士は言う。

<イントラレーシック否定派>
ジョージア州のウッドハムズ博士はイントラレーシックと一般的なマイクロケラトームによるレーシック患者の視力比較を行っている。その結果イントラレーシック患者の90%が術後3ヵ月後に1.0以上を達成しているのに対し、一般的なレーシック患者は94%が1.0以上を回復しているという調査結果を発表している。 この調査は、欧州白内障屈折矯正協会(European Society of Cataract and Refractive Surgery)にての博士の研究発表のもとになっている。 また博士はいわゆる「羞明(しゅう明)症」と呼ばれているイントラレーシック特有の術後合併症を訴える患者の数が著しいことも懸念している。

「羞明(しゅう明)症」とは、異常なほどに光に対して過敏になるというイントラレーシック特有の合併症である。最近、複数の眼科医からの報告としてあげられているが、このような光に異常なほどに過敏と なる合併症の発生率はイントラレーシックを受けた患者の1%程度という医師の報告と20%もあるという報告と様々である。ちなみにこの20%という割合は、他の医師の報告と比較し大幅な合併症の発生率であったため、この医師はイントラレーシックの機材を交換したいと言い出している。

このように、イントラレーシックと一般的なマイクロケラトームを使用したレーシックの比較に関して、医療レーザー先進国のアメリカでも未だに賛否両論であり、真の結果が得られるには、まだ患者分析の時間が 必要なようです。

ここまで読んで、さて、あなたはどっちを選ぶ?

従来のレーシック、エピレーシックの神戸クリニック
時代を先取り、最新治療イントラレーシックの品川近視クリニック

【注】
現在では、神戸クリニック でも、品川近視クリニック でも、イントラレーシックを当たり前のように取り入れ、その技術も日々進化しています。

イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシックの利点(手術)

※以下は、イントラレーシックが日本で実施され始め、未だポピュラーではなかった時に(2005~6年頃?)弊サイトで記載した記事ですので、その点ご了承の上、お読みください。

(※)品川近視クリニックの[スーパーイントラレーシック]はこの頃実施していたイントラレーシックです

ここから---------------------------------------------------------------------

イントラレーシックを実施している眼科はネット上で探した結果、 日本でも数えるほどしかありませんでした。

イントラレーシック手術眼科やイントラレーシックについて、メリットと思われる記述を探し出してきて羅列いたしました。

ただし、当然イントラレーシックを実施している眼科はイントラレーシックに好意的な視点で述べているのだというとを考慮して、とらえるのがよいでょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イントラレースFS60レーザーにより非常に切開面が滑らかで、エッジ部分も直角でキレイに作られますので、施術後にフラップのズレやシワは起こりにくい仕上がりになります。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

イントラレーシックFS60レーザーの導入により、レーシックで治療できないような強度近視の方でも、スーパーイントラレーシックでは治療することが可能です。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

イントラレースFS60レーザーの場合は、正確に均一な薄いフラップを作成することが可能です。これにより良好な結果になります。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

イントラレースFS60レーザーで作成したフラップは、フラップの厚さが均一にできるため、強度が保たれます。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

全てコンピュータ制御によりフラップを作成しますので、人の手によっては不可能な正確性と安全性により大変優れた安心できる方法です。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

錦糸眼科のイントラレーシックはフラップを100ミクロンで作ります。160ミクロンのレーシックよりも角膜ベッドを厚く確保できまので、強度近視で角膜が薄い場合も手術ができます。【錦糸眼科

イントラレーシックのフラップは滑らかで、エッジが直角なのでシワやズレが起こらず、フラップやヒンジの位置も正確です。【錦糸眼科

ハロやグレアも起こりにくいため、レーシックよりもはるかにクリアな視力が得られます。【錦糸眼科

イントラレーシックで用いるイントラレーザーは精密で滑らかなフラップ面を作ることが出来、マイクロケラトームのような欠点がない。【錦糸眼科

①イントラレーシックは近視が重くても手術可能
②イントラレーシックは角膜が薄くても手術可能
③レーシックよりフラップ面が薄く、滑らか
④レーシックよりフラップのエッジが直角なのでシワやズレが起こりにくい
⑤レーシックよりフラップやヒンジの位置が正確に作れる
錦糸眼科

イントラレーシックでは、フラップ作成における全ての手順をコンピューターコントロールで行うため、フラップの厚みや大きさ、ヒンジ(フラップを支える部分)の位置・長さなどの自由な設定が可能です。 【神奈川クリニック

角膜の形状が急峻または平坦で、従来のマイクロケラトームを使用するレーシックではフラップの作成が困難な患者様にも、安全にレーシックを受けていただくことが可能となりました。【神奈川クリニック

フラップに関する機械的なトラブルの心配がありません。 矯正精度の向上が期待できます。 角膜の形状が極端な方にも安全なレーシックが可能です。 【神奈川クリニック

ここまで---------------------------------------------------------------------


イントラレースとカスタムビューの技術を統合し、最先端の視力回復技術を融合させたイントラレーシックの代表格であるアイレーシック(iLASIK)で国内症例数No1を獲得した神戸クリニック も、この頃はまだイントラレーシックを取り入れていませんでした。
上記に記述がないのはそのためです。


イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシックの利点(手術後効果について)

※以下は、イントラレーシックが日本で実施され始め、未だポピュラーではなかった時に(2005~6年頃?)弊サイトで記載した記事ですので、その点ご了承の上、お読みください。

(※)品川近視クリニックの[スーパーイントラレーシック]はこの頃実施していたイントラレーシックです

ここから---------------------------------------------------------------------

スーパーイントラレーシックの場合には術後の平均視力が、従来のレーシックと比べ高くなっていることがわかります。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

レーシックで治療できないような強度近視の方の場合でも、スーパーイントラレーシックでは治療することが可能になりました。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

スーパーイントラレーシックは再手術が大変少なく、安定した良い結果が得られます。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

術後炎症についてはほとんど起きていませんので安心して受けていただけます。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

スーパーイントラレーシックの場合には、角膜への負担を大幅に軽減し、ドライアイの発生率を抑えます。[スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

スーパーイントラレーシックは術後、ハロの発生を大幅に押さえることが可能になりました。 [スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

スーパーイントラレーシックは質だけでなく回復率も大幅に向上し、結果 ほぼ100%の方が視力向上しています。 [スーパーイントラレーシック]【品川近視クリニック

レーシックより夜間のハロやグレアが起こりにくい
レーシックより夜間の視力が優れている  
錦糸眼科

イントラレースとカスタムビューの技術を統合し、最先端の視力回復技術を融合させたイントラレーシックの代表格であるアイレーシック(iLASIK)で国内症例数No1を獲得した神戸クリニック も、この頃はまだイントラレーシックを取り入れていませんでした。
上記に記述がないのはそのためです。


イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシックの欠点(手術)

※以下は、イントラレーシックが日本で実施され始め、未だポピュラーではなかった時に(2005~6年頃?)弊サイトで記載した記事ですので、その点ご了承の上、お読みください。

現在は改良・開発された機器を用い、安全性の高い最新視力矯正手術方法として、殆どの近視矯正クリニックでイントラレーシックは実施されています。

ここから---------------------------------------------------------------------

次世代レーシックといわれるイントラレーシックにも関らず、その導入を躊躇している眼科があります。
イントラレーシックについて否定的意見をあるホームページから抜粋掲載います。

イントラレーシックを受けられるときは、その問題点も理解した上で踏み切られることをオススメ致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^^^

①最新のマイクロケラトームに比べて切除面が粗い。よっていくらレーザーが高性能でも、スムーズな綺麗な切除ができない。
②フラップ作成後に気泡ができるので、すぐにはレーザー照射が出来ない。よって、手術に時間がかかる。
③フラップ作成後、手術途中に患者様はエキシマレーザーのところまで移動しなくてはならない。
【レーシック相談室】

ここまで ---------------------------------------------------------------------

イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシックの欠点(手術後問題点について)

※以下は、イントラレーシックが日本で実施され始め、未だポピュラーではなかった時に(2005~6年頃?)弊サイトで記載した記事ですので、その点ご了承の上、お読みください。

現在は改良・開発された機器を用い、安全性の高い最新視力矯正手術方法として、殆どの近視矯正クリニックでイントラレーシックは実施されています。

ここから---------------------------------------------------------------------

イントラレーシック患者の90%が術後3ヵ月後に1.0以上を達成しているのに対し、一般的なレーシック患者は94%が1.0以上を回復しているという調査結果を発表している。
(ジョージア州ウッドハムズ博士)【神戸クリニック

「羞明(しゅう明)症」と呼ばれているイントラレーシック特有の術後合併症を訴える患者の数が著しいことも懸念している。
(ジョージア州ウッドハムズ博士)【神戸クリニック

層間角膜炎の発生、術後のフラップの接着が遅い【東京八重洲クリニック】

実際には、フラップの接着が安定するまでに時間がかかる、炎症を起こしやすいなどの問題が指摘されている。【気になる医学】

術後、層間炎症(DLK)が起きやすい。【レーシック相談室】

ここまで---------------------------------------------------------------------

イントラレーシック関連あれこれ 編集

錦糸眼科で イントラレーシック vs レーシック

錦糸眼科イントラレーシックのサイトって行ってみたことありますか?

イントラレーシックとレーシックの違いっていくら文章でクドクド語られても分かりにくいですよね。

そこで、イントラレーシックとレーシックの違い、さらに、目の仕組みやイントラレーシックの詳細を図解で分かりやすく説明しているページが錦糸眼科のサイトにありました。

また、イントラレーシックを国内で初めて取り入れたクリニックであるという記述をサイト内で見つけましたので引用します。

我が国で始めてレーシックを実施し、1999年には治療が1万症例に達しました。その後、レーゼックやウェーブフロントレーシック、イントラレーシックなども我が国で初めて行い、2006年には3万症例、2009年には6万症例を超えました。院長矢作による症例は4万例に達しており、これは我が国では最多の症例数となっています。・・・・・・・・・・・

1997年、遠視や乱視も治療できるエキシマレーザーを我が国で始めて導入し、2001年、ウェーブフロントレーザーを我が国で初めて導入。2003年にはイントラレーザーを導入し、アジア圏で初めてイントラ・ウェーブフロントレーシック(intra ZDW LASIK)を行いました。

東京・大阪・札幌・名古屋・福岡に病院があります。



イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシックのリーダー、錦糸眼科もついに・・・

イントラ レーシックのパイオニア、錦糸眼科もついに低価格化スタート!!驚きの価格!!

錦糸眼科、知っている人は知っていると思いますが、他の近視矯正クリニックが競うように低価格を提供しているさなかでも、なかなか低価格を提供してこなかったクリニックです。

イントラレーシック Intra LASIK 60万円
レーシック LASIK 48万円

という具合に・・・(当時の価格、真実です)

錦糸眼科はイントラレーシックを早くから取り入れ、最先端のエキシマレーザーをいち早く取り入れることで知名度が高く、イントラレーシックを実施するクリニックとしては、リーダー的存在でした。 しかし、高額な価格設定ゆえに、その技術を買っていても、手術自体を諦めている人が多かったのではないでしょうか。

しかし、他レーシッククリニックが続々とイントラレーシックを取り入れ、また低価格化戦略を推し進める中で、やはり流れに抵抗しきれなかったのでしょう。錦糸眼科も低価格のイントラレーシックの提供を開始しました。



イントラレーシック眼科 予約はこちら(現在、初診検査が無料で受けられます。2010.3現在)

イントラレーシック関連あれこれ 編集

イントラレーシック (intra lasik) を探るのトップへ

イントラレーシック実施眼科

LINK

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。